K-1「競技統括」プロデューサー 角田信朗かくだのぶあき

015CdETawf
格闘技イベント・K-1で
角田信朗が務めているのは
「◯◯◯◯プロデューサー」?
定最技判高
審統競括議
競技統括(答)
「競技統括プロデューサー」

エフェクトで聞かれるか不明ですが、カナ「かくだのぶあき」も確認しておきましょう。

◯×
元横綱の曙が、K-1で初勝利を記録した時の対戦相手は角田信朗である
◯(答)

K-1(ケイ-ワン)は、1993年より開催されているヘビー級を中心とした世界的に知名度の高いキックボクシングのプラットフォーム、格闘技ブランド。2012年1月より、香港に登記されるK-1 Global Holdings Limitedが商標権等諸権利を取得し、世界各地でイベント運営が行なわれている。
>Kは「空手」、「キックボクシング」、「カンフー」、「拳法」、などの立ち技格闘技、あるいは「格闘技」そのもの、そして「KING」の頭文字を意味し、1はナンバーワンを意味しており、空手やキックボクシングなどの打撃系立ち技格闘技の世界一の最強の格闘者を決める大会を行うというのが設立のコンセプトである。命名者は全日本新空手道連盟創師の神村榮一[1][2]。
「K-1」の商標権は元々は創設者である石井和義が所有していたが、2011年7月に不動産デベロッパーのバルビゾンに移管[3]。2012年1月にEMCOMホールディングスがバルビゾンの持つ商標権を買収することを発表し[4]、最終的には当時EMCOMの子会社だったK-1 Global Holdings Limitedが諸権利を取得するに至っている。
>2002年12月、興行会社である株式会社ケイ・ワンが法人税法違反で摘発された(ケイ・ワン脱税事件)。これまでK-1を取り仕切っていた石井和義がK-1の全役職を辞任し、2003年からは谷川貞治が設立したFEGが主催、谷川がイベントプロデューサー、この年に引退した角田信朗が競技統括プロデューサーに就任。また、同時期には新日本プロレスと提携し、相互に選手を派遣していた。
引用元:K-1 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/K-1

角田 信朗(かくだ のぶあき、1961年4月11日 – )は、日本の男性空手家。大阪府堺市出身。正道会館最高師範(六段)、K-1競技統括プロデューサー、レフェリー。タレント・俳優・歌手としても活動している。奈良県立生駒高等学校、関西外国語大学外国語学部英米語学科卒。娘に熊本県高森町を拠点に活動するご当地アイドル酒粕ガールズ(SKG)のメンバーである角田友里亜がいる。[2]。血液型はAB型。
引用元:角田信朗 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E7%94%B0%E4%BF%A1%E6%9C%97