東京競馬場「ヴィクトリアマイル」「ジャパンカップ」中山競馬場「スプリンターズステークス」中京競馬場「チャンピオンズカップ」

037yOiScFl

中京競馬場東京競馬場中山競馬場
ヴィクトリアマイル
チャンピオンズカップ
スプリンターズステークス
ジャパンカップ

ヴィクトリアマイル(Victoria Mile)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。
競走名の「ヴィクトリア(Victoria)」は、ローマ神話に登場する勝利の女神[2]。
>こうした流れの中、2006年に4歳以上牝馬による春季のチャンピオン決定戦として本競走が新設された[2][3]。なお、本競走の創設に関してJRA内では「内国産競走馬のレベル向上のため、強豪牝馬は早く引退して繁殖牝馬になるべき。レースに出ては故障してしまう」という反対意見もあった[4]。
創設時より国際競走として外国馬が出走可能[3]なほか、ステップ競走で所定の成績を収めた地方競馬所属馬も出走が可能となっている[3]。
引用元:ヴィクトリアマイル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB

チャンピオンズカップ(Champions Cup)は、日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。創設から2013年までは「ジャパンカップダート」(Japan Cup Dirt)の名称で、主に東京競馬場(2007年まで)や阪神競馬場(2008年以降)で施行していた。
>このような状況の中、日本のダート競走においても『ジャパンカップと並ぶダートの国際競走を開催しよう』という気運が高まり、2000年に前身となる日本初のダート国際招待競走「ジャパンカップダート」が東京競馬場のダート2100mで創設された[3][4]。
>2014年からは施行場を中京競馬場のダート1800mに、名称も「チャンピオンズカップ」に変更[6]。国際招待制も廃止され、馬や関係者の遠征にかかる諸費用をJRAが負担しない国際競走とされた[2]。なお、回次は2014年が第15回とされ[2]、ジャパンカップダートから引き継いで通算される。
引用元:チャンピオンズカップ (中央競馬) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97_(%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E7%AB%B6%E9%A6%AC)

スプリンターズステークスは、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。
>1967年に4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップの重賞競走として、中山競馬場の芝1200mで創設。当時は4歳(現3歳)以上の馬が出走できる中央競馬で唯一のスプリント(短距離)重賞だった。
1984年にはグレード制の導入に伴いGIII[注 1]に格付けされ、1987年にはGII[注 1]に格上げされた。その後、1年を締めくくるスプリント系の大レースを開催しようとする機運が高まり、1990年にはGI[注 1]に格上げされ、施行時期も有馬記念の前週に移された。2000年にはスプリント競走体系が整備され、施行時期を初秋の中山開催最終週に繰り上げ。以来、秋競馬で最初に行われるGIレースとして定着している。
引用元:スプリンターズステークス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9

ジャパンカップは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。英称の頭文字から、JCという略称も用いられることがある[5]。
2014年からはスイスの時計メーカー「ロンジン」とパートナーシップを締結、「ジャパン・オータムインターナショナル ロンジン賞 ジャパンカップ」の名称で施行している[6][7]。
>1981年に創設された国際招待競走で、日本初の国際GIでもある[8]。また、JRAの厩舎関係者表彰においては、最優秀騎手賞と最優秀調教師賞の資格を得るにあたり「1着をとらねばならない競走」のひとつに指定され、いわゆる「八大競走」と同格の扱いを受けていた[9]。
国外から本競走に出走する競走馬の輸送費、滞在に要する厩舎や飼料の費用、馬主・調教師・騎手・厩務員(馬主・調教師・騎手の配偶者も含む)の交通費や宿泊費を全額JRAが負担する。2014年現在、日本国内で施行する競馬の競走で遠征に要する諸費用の負担を外国からの全出走馬に行う競走(招待競走)は本競走のみ。世界ではドバイミーティング(ドバイワールドカップなど)、香港国際競走が国際招待競走となっている。
引用元:ジャパンカップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97