「40歳」でのメジャーデビュー 元広島の高橋健投手

005FmWoyvJ
野球選手の高橋建が2009年に記録
した、大リーグでの日本人最年長
デビュー記録は「◯◯歳16日」?
数字で答えなさい
40(答)

高橋 建(たかはし けん、1969年4月16日 – )は、神奈川県横浜市戸塚区出身の元プロ野球選手(投手)。ニューヨーク・メッツでのプレー経験がある元メジャーリーガーで、現役引退後の2016年から阪神タイガースの二軍投手コーチを務める[1]。
>広島時代[編集]
最速150km/h(1999年7月14日に記録)の直球と多彩な変化球が武器で1995年は中継ぎ中心ながら先発でも起用され、39試合に登板し、4勝4敗、防御率3.90の成績を残した。
>招待選手として春季キャンプに参加したが、ビザ取得に追われて充分な練習期間に恵まれぬまま3月1日のオープン戦に初登板。その2イニング目でのスクイズの打球処理の際に、以前にも痛めた右ふくらはぎを痛めた[2]。その後マイナーで調整したが、3月30日にブルージェイズから解雇される。同日にニューヨーク・メッツとマイナー契約。その後傘下AAA級バッファローで6試合に登板、11回2/3を投げて防御率0.77を記録。4月26日、メジャーに初昇格[3]。
5月2日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で2番手としてメジャー初登板。40歳でのメジャーデビューは第二次世界大戦以降ではサチェル・ペイジの42歳、ディオメデス・オリーボの41歳に次いで史上3位の高齢記録となった[4]。6月22日、マイナーのAAA級バッファローに降格。8月24日、メジャーに再昇格するものの、10月20日、メッツから契約を解除された。
引用元:高橋建 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%BB%BA