トミー・「クルーズ」日ハムの打者 弟ヘクターと共に日本で活躍

003xATizia
弟のヘクターは巨人でプレーした
1980年から1985年まで日本ハムで
プレーし、打率3割を4度記録
した打者はトミー・◯◯◯◯?
ホーータ
ソルリー
クレジズ
クルーズ(答)
「トミー・クルーズ」
Tommy Cruz

トミー・クルーズ(Cirilo “Tommy” Cruz Dilan , 1951年2月15日 – )は、プエルトリコ出身の元プロ野球選手(外野手)。
兄にホセ・クルーズ(元ヒューストン・アストロズほか)、弟にヘクター・クルーズ(元読売ジャイアンツ)がおり、「クルーズ三兄弟」と呼ばれた。
>1980年に日本ハムファイターズに入団。来日1年目から打率.309、26本塁打、84打点の好成績を記録。翌1981年もチームのリーグ優勝に貢献。1984年には打率.348、29本塁打、96打点を記録し、ベストナインに選ばれる。同年のオールスターゲーム第3戦では、江川卓の「8連続奪三振」の8人目の打者となった。1985年にも打率3割を記録したが、契約で揉めて退団となった。
>メジャーリーグでは7試合出場にとどまったが、日本では実働6年間のうち退団する1985年までで4回も3割以上の打率を残し、さらに通算打率.310、通算120本塁打を打った。また、三振が非常に少ない打者であった。
引用元:トミー・クルーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA

トミー&ヘクター・クルーズ
(兄弟)
 兄・トミーは、1980年代前半に日本ハムで活躍したプエルトリコ出身の強打者。6年在籍し、打率3割台が4度と確実性のある打撃を見せた。クルーズから、柏原純一、トニー・ソレイタと続く強力クリーンアップは抜群の破壊力。81年のリーグ優勝にも貢献した。同年の巨人との日本シリーズはけがで欠場。「クルーズがいれば…」とファンは嘆いた。日本で打率.310、120本塁打の好成績を残した。
 2歳下の弟・ヘクターは83年に巨人で1年だけプレーした。58試合に出場し、31安打、4本塁打と期待されたほどの活躍はできなかったが、同年の西武との日本シリーズでは抜群の存在感を見せた。
引用元:時事ドットコム:プロ野球2世代写真展 「野球一族」 いにしえ編 http://www.jiji.com/jc/v2?id=8s_baseball_17