ジョージ・「ニッセン」 トランポリンを考案した元体操選手

164TIYlGQL
現在用いられているトランポリン
を考案したことでも有名な
アメリカの体操選手は
ジョージ・◯◯◯◯?
ドルンッニ
セオーロス
ニッセン(答)
「ジョージ・ニッセン」
George P. Nissen

ジョージ・ニッセン(George P. Nissen、1914年2月3日 – 2010年4月7日)は、アメリカ合衆国の体操競技選手で、現代のトランポリンの開発者およびトランポリン競技の創始者。トランポリン競技の世界的普及・発展に尽力し、多大な功績を残した。
>アイオワ州ベントン郡出身。アイオワ大学卒業。1930年代の初めに、サーカスの空中ブランコ乗りが防護ネットに落ちて弾む際、独特の身のこなし方で安全対策を講じているのに着想を得て、自宅ガレージに現代のトランポリンに通じるものを初めて作った。
>1937年の大学卒業後、ニッセンは友人2人とアメリカやメキシコを巡り、カーニバルなどでトランポリンの実演をして普及に努めた。ニッセン達はメキシコを巡業していた時に地元ダイバー達と行動を共にする機会があり、スペイン語を流暢には話せないながらも、会話の中でダイビング・ボードを意味する語がトランポリン(el trampolin)だということは分かり、その語感が気に入ったニッセンは6か月後にアメリカへ戻った際、英語のスペルにしてトランポリン(Trampoline)と命名して商標とした。学校への販売を開始して、1941年にはアイオワ州でグリスウォルド=ニッセン・トランポリン&タンブリングカンパニーを創業した。
引用元:ジョージ・ニッセン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3