「ディヴァインライト」英1000ギニーを制した「ナタゴラ」の父

140yTpxHQn
2008年にイギリス競馬の
クラシックレース・1000ギニーを
制したナタゴラの父にあたる
日本さんの種牡馬は?
ステイゴールド
ディヴァインライト(答)
ディープインパクト
ハットトリック

ディヴァインライト (Divine Light) とは日本の競走馬。中央競馬で競走生活を送り、オープンクラスでの勝鞍はないが、高松宮記念など重賞で4度2着になった。引退後は種牡馬として輸出され、フランス、トルコで供用されてイギリスでG1を2勝したナタゴラをはじめ複数の活躍馬の父となった。クイーンカップなど重賞2勝、通算6勝したカッティングエッジは姉である。
引用元:ディヴァインライト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88

ナタゴラ (Natagora) とはフランス生産の競走馬である。おもな勝ち鞍は1000ギニー、チェヴァリーパークステークスなど。2007年度カルティエ賞最優秀2歳牝馬。
>父ディヴァインライトは日本で競走生活を送り、高松宮記念2着などの成績を残したが、他に似た様な血統構成の活躍馬も多いため種牡馬としては人気が出ず、活路を求めて2003年よりフランスへと渡っていた。しかしフランスにおいても、初年度の種付け頭数はわずか8頭だった。その中から生まれてきたのがナタゴラである。ナタゴラは2006年、フランスの1歳馬市場アルカナセールに上場されたが、父は実績のない新種牡馬であり、母は1勝馬で近親にも目立った活躍馬がいなかった事から、3万ユーロ(約450万円)という安値で落札された[1]。
引用元:ナタゴラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%83%A9