「恵本裕子」1996アトランタ五輪61kg級金メダリスト 日本女子柔道初

046tcvSHBw
1996年のアトランタ五輪で
柔道・女子61kg級で優勝し
日本女子柔道史上初の
金メダリストとなったのは?
子恵裕本実
村歩谷田亮
恵本裕子(答)

タイピング
北京五輪女子柔道で金メダルを獲得した日本人選手をフルネームで1人答えなさい
たにもとあゆみ(答)谷本歩実
うえのまさえ(答)上野雅恵

恵本 裕子(えもと ゆうこ、1972年12月23日 – )は、日本の女性柔道家。段位は四段。身長163cm。 北海道旭川市出身。1996年アトランタオリンピック柔道女子61kg級金メダリスト[1][2]。2015年現在、三井住友海上柔道部の特別コーチを務めている[3]。
>しかしながら、アトランタオリンピックにおいては、前回のバルセロナ五輪金メダリストであるフランスのカトリーヌ・フローリ、バルセロナ五輪銀メダリストであるイスラエルのヤエル・アラド、幕張世界選手権2位のオランダのジェニー・ハルといった有力選手を次々と破る快進撃を見せ、決勝においても1993年の世界チャンピオンであるジェラ・バンデカバイエを内股一本で破り、見事金メダルを獲得した。
>高校1年の秋から柔道を始めて、アトランタ五輪で優勝するも柔道経験年数はわずか8年。 日本の女子柔道選手の金メダリストの中で8年は最短となった。 また女子柔道がアトランタオリンピックでの正式種目になり、はじめての金メダルでもあった。
引用元:恵本裕子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E6%9C%AC%E8%A3%95%E5%AD%90

谷本 歩実(たにもと あゆみ、1981年8月4日 – )は、愛知県安城市出身の柔道家、柔道指導者。段位は四段。身長158cm。血液型はA型[1]。現在はコマツに所属してコーチを務めている[2]。2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事[3]。
2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピック柔道女子63kg級 金メダル獲得者[2]。 実妹の谷本育実もコマツに所属する柔道家である[4]。夫はスノーボーダーの鶴岡剣太郎[5][6]。
>8月の北京オリンピックでは、3回戦で2年前のアジア大会で敗れた孔慈英を崩上四方固、準決勝では昨年の世界選手権で敗れたゴンサレスを横四方固で破るなど全て寝技による一本勝ちで勝ち上がると、決勝では2001年の福岡国際で優勢勝ちして以降7年近く勝っていなかった因縁のドコスと対戦することになった。だが、ドコスが不用意に仕掛けた大内刈りをすかして豪快な内股で投げ飛ばして一本勝ちでの優勝を成し遂げて、柔道史上初の五輪二大会連続オール一本勝ちによる金メダルを獲得した[25][26] オリンピックを連覇した日本人柔道家には斉藤仁、野村忠宏、谷亮子、内柴正人、上野雅恵がいるものの、二大会連続で全ての試合で一本勝ちを収めているのは谷本ただ一人である。ちなみに、世界選手権では優勝こそないが、そこで勝った試合は全て一本勝ちによる勝利である[27]。
引用元:谷本歩実 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E6%9C%AC%E6%AD%A9%E5%AE%9F

アテネオリンピック、北京オリンピックともにオール一本で金メダルに輝いた谷本歩実。そんな谷本は、今年3月からJOCスポーツ指導者海外研修員として渡仏し、フランスおよび周辺諸国の柔道事情を学んでいる。「一本柔道」を貫き、日本の柔道を守り続ける谷本が、フランスから学ぶこととは一体何なのだろうか?
>勝利至上主義だと、どうしても得点を稼ぐことばかりを考えてしまうので、相手のことを敬う試合にはなりません。私は現役時代、競技としての柔道と、教育としての柔道が二極化していることを感じていました。では自分はどうするのか?ということで、随分悩みました。私は教育として柔道を覚えてきた人間です。しかし、勝ちたい。そして出た結論は「一本柔道」だったのです。  
>もちろん選手にもよりますが、フランスでは教育としての柔道がしっかり根付いていると思います。指導という面で日仏で異なる点は、フランスでは全国で同じ柔道を教えられるように、国が制度を整えていることです。フランスでは、柔道を教えるのに国家資格が必要ですが、パリでも地方都市でも柔道の質が同じであるように、そして教えが偏らないようにと、指導者を指導をする役割の人が居ます。つまり、柔道の先生が、自分の主観だけで柔道を教えてしまうと偏りが出てきてしまうので、情報を共有し、指導者も常に学んでいき、柔道の質を一定に保つようにしているわけです。日本ではこのようなシステムがないので、柔道の教えが指導者によってそれぞれ異なる気がしています。それゆえに生じる問題というのも、あるのではないかと思います。指導者が柔道の理念をしっかりと学ぶというのは、大切なことですね。
引用元:谷本歩実 インタビュー フランスで新たに柔道を学ぶ – フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト http://www.newsdigest.fr/newsfr/features/6059-ayumi-tanimoto-interview.html