リカルド・「マヨルガ」2003WBA・WBCウェルター級王者

042szkgfvo
2003年にWBAとWBCの
ウェルター級統一世界王者と
なったニカラグアのボクサーは
リカルド・◯◯◯◯?
ヨマーガセ
ルンノベス
マヨルガ(答)

リカルド・マヨルガ(Ricardo Mayorga、男性、1973年10月3日 – )は、ニカラグアのプロボクサー。元WBA・WBC世界ウェルター級スーパー王者。第35代WBC世界スーパーウェルター級王者。2階級制覇王者。
左右のフックとアッパーを振り回す強打のラフファイターで「El Matador(闘牛士)」の異名が示すとおり、リスクをかえりみず勇猛果敢に打ち合いに挑み、倒すか倒されるかという勝負をする。その勝ちっぷりと負けっぷりの激しさから人気者である。またリング外での奇行や傍若無人な言動も有名で、計量時にチキンやリンゴをかじり、試合終了後リングで葉巻を燻らしていたこともある。喫煙だけでなく飲酒を公言していることでも知られている。
>2003年1月25日にはWBC世界ウェルター級王者のバーノン・フォレスト(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と王座統一戦を行い、3回TKOで勝利して統一王者となり、WBA規定によりスーパー王座に認定された。試合終了後リング上で喫煙を行った。
引用元:リカルド・マヨルガ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%A8%E3%83%AB%E3%82%AC