「ロック」岩崎 日本の曲芸飛行の草分け 自衛官退官後に渡米武者修行

035qnTqecM
2005年に事故死した
日本人初のプロエアショー
パイロット・岩崎貴弘の愛称は
◯◯◯岩崎?
アッス
エイク
キング
ロック(答)
「ロック岩崎」

「岩」からロックなのですね

ロック岩崎(ロックいわさき、1951年11月28日 – 2005年4月21日)は、元航空自衛官、エアショーパイロットである。本名は岩崎 貴弘(いわさき たかひろ)。群馬県勢多郡赤城村(現:渋川市)出身[1]。曲技飛行の第一人者として知られた[2]。
>1970年3月、千葉県立船橋高等学校卒業。同年4月航空自衛隊に航空学生第26期として入隊。F-86F、F-104、F-15などのジェット戦闘機操縦者として飛行任務に従事する。ニックネームの「ロック」は「岩崎」の岩を英訳した在官時代のTACネームに由来する。
>1995年7月に二等空佐で航空自衛隊を退官。その後はエアショー・パフォーマーを目指し渡米、サンノゼ市アルプスナイスエアーを拠点として、カリフォルニア州キングシティーに所在するショーン・D・タッカーに師事する。 1996年3月に優秀な成績でプロ・エアーショーライセンスを取得し帰国。同年8月に「民間版ブルーインパルス」を目指しアクロバット飛行チーム AIRock(エアロック)を設立、11月に和歌山県南紀白浜空港で開催された「スカイレジャージャパン’96」で日本初のプロ・エアショーパイロットとしてデビューを果たす。以後は航空自衛隊の航空祭を中心に各地で曲技飛行を披露していた。
引用元:ロック岩崎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E5%B2%A9%E5%B4%8E