「ジャック・ジョンソン」1908黒人初のヘビー級王者

040ZgWRIio
1908年に、黒人として初めて
ボクシングの世界ヘビー級王者と
なったボクサーは?
ジョー・ルイス
ジャック・デンプシー
ジャック・ジョンソン(答)
ジョージ・フォアマン

ジャック・ジョンソン(Jack Johnson、1878年3月31日 – 1946年6月10日)、本名ジョン・アーサー・ジョンソン(John Arthur Johnson)は、「ガルベストンの巨人」のニックネームでもよく知られているアメリカ合衆国のプロボクサーである。彼は黒人としては初めての世界ヘビー級王者(1908年-1915年)となり、そのことは当時非常に大きな論争の的となった。その生涯をたどったドキュメンタリーにおいて、ケン・バーンズは、「13年以上にわたり、ジャック・ジョンソンは地球上で最も有名であると同時に、最も悪名高い黒人であった」と評した[1]。なお、ジョンソンは、カラーラインを使って黒人ボクサーの挑戦を避ける白人王者に業を煮やした黒人達によって設立された「黒人ヘビー級王座」を獲得した経験がある。
引用元:ジャック・ジョンソン (ボクサー) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3_(%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%BC)

ジョー・ルイスことジョセフ・ルイス・バロー(Joseph “Joe” Louis Barrow、1914年5月13日 – 1981年4月12日)は、アメリカ合衆国のプロボクサー。アラバマ州ラファイエット出身。身長187cm、体重89kg。元ボクシング世界ヘビー級王者。
>ニックネームは「褐色の爆撃機(The Brown Bomber)」。11年間の王座在位中に、全階級通じて最多防衛記録である世界王座25連続防衛の記録保持者であり、現在もこの記録は破られていない。
ジャック・ジョンソン以来、史上二人目のアフリカ系アメリカ人世界ヘビー級王者である。
引用元:ジョー・ルイス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9

ジャック・デンプシー(Jack Dempsey、男性、1895年6月24日 – 1983年5月31日)は、アメリカ合衆国のボクシング世界ヘビー級王者。ジャック・デンプシーはリングネームであり、本名はウィリアム・ハリソン・デンプシー(William Harrison Dempsey)。「マナッサの人殺し」(The Manassa Mauler)、「拳聖」などの異名を取った。
>前傾姿勢のまま上体を∞の字を描くようにウィービングして防御するとともに、振った上体の反動を利用して左右の連打を叩き込むデンプシー・ロールは、彼が初めて使った戦法である。
引用元:ジャック・デンプシー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%BC

ジョージ・エドワード・フォアマン(George Edward Foreman、1949年1月10日 – )は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。テキサス州マーシャル出身。現在は同テキサス州のヒューストンにあるキリスト教会、THE CHURCH OF THE LORD JESUS CHRISTの牧師である。
「象をも倒す」といわれた強打を生かし[1]、メキシコシティオリンピックボクシングヘビー級で金メダルを獲得した。プロ転向後はジョー・フレージャーやケン・ノートンをも2ラウンドでKOし、統一世界ヘビー級王座を獲得・防衛した。その後、キンシャサの奇跡でモハメド・アリに敗れるなどし1977年に28歳で一度は引退するも、1994年に45歳にして実に20年ぶりに世界ヘビー級王者に返り咲いた。
引用元:ジョージ・フォアマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%B3