有馬記念「中山競馬場」安田記念「東京競馬場」菊花賞「京都競馬場」

081BLnENWC

082JRtANfs
競馬のGIレース・
有馬記念が行われる競馬場は
中山競馬場ですが

安田記念が行われる競馬場は
◯◯競馬場?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
東京(答)
「東京競馬場」

cBBIZrxQyvcz
次のうち、菊花賞や秋華賞が
行われる競馬場は?
(航空写真の選択肢)
1東京競馬場
2京都競馬場(答)
3中山競馬場
4中京競馬場
引用元:フジ土曜深夜の競馬番組『うまなりクン』『あしたのG』『うまッチ!』『うまなで』『みんなのうま倶楽部』『うまプロ!』『なまうま』『うまズキッ!』「うまなりクンのゴチでクラブへ。プロは生好き!」 「赤」順確定のランプ 「金子真人」かねこまこと ディープインパクトのオーナー | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/10523/

有馬記念(ありまきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。
正賞は日本馬主協会連合会会長賞、中山馬主協会賞[2]。
>1955年(昭和30年)まで、暮れの中山競馬場では中山大障害が最大の呼び物であった[3]が、東京優駿(日本ダービー)などと比べ華やかさに欠けていた[3]ことから、当時の日本中央競馬会理事長であった有馬頼寧が中山競馬場の新スタンド竣工を機に「暮れの中山競馬場で日本ダービーに匹敵する大レースを」と提案[3][4]。当時としては他に類を見ないファン投票で出走馬を選出する方式[注 2][注 3]が採用され、1956年(昭和31年)に「中山グランプリ(なかやまグランプリ)」の名称で創設された[3][5]。
しかし、第1回中山グランプリの興奮も冷めやらぬ1957年(昭和32年)1月9日に創設者の有馬理事長が急逝した[3]ため、有馬の功績を称えて第2回から「有馬記念」に改称[3][5]。以来、中央競馬の一年を締めくくるレースとして定着した[3]。施行場は創設時より中山競馬場で変わっておらず、施行時期も12月下旬で定着している。
引用元:有馬記念 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E9%A6%AC%E8%A8%98%E5%BF%B5

安田記念(やすだきねん)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。競馬番組表での名称は「農林水産省賞典 安田記念(のうりんすいさんしょうしょうてん やすだきねん)」と表記される[2]。
競走名の「安田」は明治・大正・昭和にわたって競馬に携わり、競馬法制定や東京優駿(日本ダービー)の創設などに尽力、日本中央競馬会の初代理事長も務めた安田伊左衛門に由来[3]。東京競馬場には、安田の功績を称え胸像が建立されている[4]。
正賞は農林水産大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞[2]。
>中央競馬における上半期のマイル王決定戦として位置づけられているGI競走[5]。
1951年に、「安田賞(やすだしょう)」の名称で創設[6]。名称の由来(前述)となった安田伊左衛門が1958年に死去したため、同年より現名称に改称された[6]。
創設当初は東京競馬場の芝1600mで4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップ競走として施行された[6]が、1984年にグレード制が導入されGI[注 1]に格付け[6]、施行時期も優駿牝馬(オークス)の前に移され5歳(現4歳)以上の馬による定量戦に変更[6]。1996年からは東京優駿(日本ダービー)の翌週に移設のうえ競走条件も「4歳(現3歳)以上」に変更され、現在に至る[6]。
引用元:安田記念 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E7%94%B0%E8%A8%98%E5%BF%B5