「萩野公介」はぎのこうすけ 2014仁川アジア競技大会MVP 2012ロンドン五輪個人メドレー銅 「田島寧子(やすこ)」シドニー五輪個人メドレー銀

045LNBcFgL
2012年のロンドン五輪で
男子400m個人メドレーの
銅メダルを獲得した
日本人の競泳選手は?
萩戸公也
瀬島康介
入江陵輔
萩野公介(答)
はぎのこうすけ

CIMG1257nxSFlhvRHpMb
シドニー五輪の競泳女子
400m個人メドレーで銀メダルを
獲得した日本人選手は◯◯◯◯?
○の漢字をひらがなで答えなさい
たじまやすこ(答)
田島寧子

078dyYYFwE
2014年に韓国の仁川で開催された
アジア大会のMVPに選ばれた
日本の水泳選手は?
フルネームで答えなさい
はぎのこうすけ(答)
萩野公介

005lCehkru
次の水泳のクロール
における腕の動きを
入水から順に選びなさい
キャッチ
プル
プッシュ
リカバリー
引用元:「クロール」のストローク順「キャッチ」「プル」「プッシュ」「リカバリー」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/18060/

065zALPuzjMQg
次の泳法を
水泳の個人メドレーで
泳ぐ順に選びなさい
バタフライ
背泳ぎ
平泳ぎ
自由形

順番当て
次の泳法を
水泳のメドレーリレーで
泳ぐ順番に選びなさい
背泳ぎ   backstroke
平泳ぎ   breaststroke
バタフライ   butterfly
自由形   freestyle
引用元:2012ロンドン五輪メドレーリレー「マシュー・グレイバーズ」「ブレンダン・ハンセン」「マイケル・フェルプス」「ネーサン・エイドリアン」個人メドレー泳法順「バタフライ」「背泳ぎ」「平泳ぎ」「自由形」 メドレーリレー(アルファベット順)「背泳ぎ」「バタフライ」「平泳ぎ」「自由形」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/2910/

2014年アジア競技大会(2014ねんアジアきょうぎたいかい、The 17th Asian Games XVII Asiad)は2014年に開催された第17回アジア競技大会。2014年9月19日から10月4日までの日程で大韓民国(韓国)仁川広域市で開催された。
>実施競技に関しては2011年に東京で行われたOCA総会で決定され、オリンピック競技28競技(ゴルフ・ラグビー含む)、独自競技8の合計36競技で行われる。
>大会MVP[編集]
大会組織委員会は大会最優秀選手候補に次の8名の金メダリストを選出した[6]。この中からメディアの投票により萩野公介(日本)がMVPに選出された。日本人選手のMVP受賞は2002年釜山アジア大会の北島康介以来[7]。
引用元:2014年アジア競技大会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/2014%E5%B9%B4%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E7%AB%B6%E6%8A%80%E5%A4%A7%E4%BC%9A

アジア競技大会は団体競技において翌々年のオリンピック出場枠を争うアジア予選を兼ねる場合があり、個人競技でも同じ国の選手同士で翌年度に集中する夏季オリンピック選考の重要な前哨戦ともいわれ、毎年それ相応に注目される大会である。
しかし、韓国の仁川市で開催された仁川アジア大会は過去のアジア大会では類を見ないほど多くの不祥事が発生し、かつてないほどに(悪い意味で)大きく注目されることになった。
引用元:仁川アジア大会とは (インチョンアジアタイカイとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E4%BB%81%E5%B7%9D%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E5%A4%A7%E4%BC%9A

萩野 公介(はぎの こうすけ、1994年8月15日 – )は、栃木県小山市出身の、日本の競泳選手。ロンドンオリンピック400m個人メドレーの銅メダリスト。
>御幸ヶ原スイミングスクールに入り、そこから本格的に競泳選手コースへ進んだ。萩野が目標とする選手の一人にマイケル・フェルプスをあげていることと、後述の活躍ぶりから「和製フェルプス」とも呼ばれている[1]。
>2014年、仁川で開催されたアジア大会では金4個・銀1個・銅2個のメダルを獲得し、日本人では3人目の大会MVPに選ばれた[13]。金4個は200m個人メドレー・200m自由形・400m個人メドレー・800mフリーリレー、銀1個は400m自由形、銅2個は100m背泳ぎ・200m背泳ぎでそれぞれ獲得した。
練習での萩野の乳酸値は他の選手の10前後を上回る21ミリモルと計測された。10を越えると脳が筋肉を抑制し体を動かせなくなるが、萩野はこれに耐え、筋肉を抑制されてもエネルギーを充分引き出せると言った能力を持つ。
一方、現役水泳選手ながら地元のFM栃木にて『萩野公介 JUST DO IT!』と題するラジオ番組のパーソナリティーも務めている。
引用元:萩野公介 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%90%A9%E9%87%8E%E5%85%AC%E4%BB%8B

萩野選手の泳ぎを分析すると、ストローク(手をかく動作)の際、手が入水し、キャッチ(水を手でとらえる動作)する姿勢に、ひとつのポイントがある。萩野選手の場合、その入水からキャッチ動作に入るまでの間、しっかり肩甲骨を広げ、伸びているのにもかかわらず、手―腕―肩の落ち込みが少ない。そのため、彼は水の中の高い位置でキャッチ動作に入り、手―肩―胴体―足まで一直線に体を保つことができる。

 これは水の中を移動する姿勢では一番抵抗が少ない。その一直線の状態のまま強烈なキックを打つことで、高い推進力が発揮される。一般的には、手の入水後、キャッチ動作に入る前に手が落ち込んでしまい、体を水面の高い位置で保つことが難しい。萩野選手自身も「キャッチを大事にしている」と話している通り、彼の泳ぎのポイントになっている

 萩野選手の泳ぎは水の抵抗を受けないため、無駄なエネルギーを使うことがない。その結果、「究極のエコ泳法」が可能となる。もちろん、複数種目をこなせる体力面での強さもあるが、エコ泳法ができているからこそ、あの爆発的なラストスパートが生まれるのだ。彼がこれほど複数種目で強いのも、このエコ泳法が要因となっている。
引用元:“和製フェルプス”萩野、速さの秘密は「究極のエコ泳法」=ハギトモコラム|コラム|他競技|スポーツナビ http://sports.yahoo.co.jp/sports/other/all/2013/columndtl/201304130006-spnavi

田島 寧子(たじま やすこ、1981年5月8日 – )は、元水泳選手、元タレント。神奈川県鎌倉市出身。東京立正高校卒業、日本体育大学中退。2000年9月、シドニーオリンピックの400m個人メドレーで銀メダルを獲得した。
>シドニーオリンピック400m個人メドレーで銀メダルを獲得。インタビューで悔しさを吐露した時の「めっちゃ悔しぃ~!!」「金がいいですぅ~!!」は流行語になった。なおこの発言について後日、新聞のインタビューで「泳ぎ終わった直後に記録を見たところ予想以上によかったので『私って速いんだ』と思ったのだが、1位で金メダリストとなったウクライナの、ヤナ・クロチコワ選手との差がわずかだったとすぐに気づいたため、『もう少しがんばればよかった』と思ったため」と述べている。400m個人メドレーの表彰式の際に表彰台から落ち、その際に左足を傷め捻挫してしまった。そのために他の出場種目であった200m個人メドレーと400m自由形では精彩を欠いて予選落ちしてしまうという不運もあった。
引用元:田島寧子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E5%B3%B6%E5%AF%A7%E5%AD%90