「永淵洋三」酒豪で有名な近鉄の野手 漫画『あぶさん』景浦安武のモデル

010voSrhrB
1969年にパ・リーグの首位打者
を獲得した近鉄の選手で
漫画『あぶさん』の主人公の
モデルとも言われるのは誰?
孝三永榎田
本淵慎介洋
永淵洋三(答)
ながぶちようぞう

スロット
漫画『あぶさん』で、主人公・景浦安武がつけていたことから福岡ソフトバンクホークスで準永久欠番とされる背番号は?
90(答)

1945年にフィリピンで戦死した往年の大阪タイガースの名捕手
景浦將(答)
かげうらまさる

タイピング
スプーンに乗せた角砂糖に火をつけて飲むスタイルで知られるニガヨモギを原料にした蒸留酒は◯◯◯◯?
アブサン(答)

スロット
アブサンなどのリキュールで材料として用いられているセリ科のハーブといえば?
アニス(答)

永渕 洋三(ながふち ようぞう、1942年5月4日 – )は、佐賀県佐賀市出身の元プロ野球選手(外野手、投手)。
現役時代は酒豪として知られ、水島新司の漫画『あぶさん』の主人公・景浦安武のモデルとなった[1][2]。
>翌年の1969年からは野手に専念。3番右翼として127試合に出場し、打率.333を記録[1]。首位打者を張本勲と分け合った。張本のいる東映が全日程を終了し、永淵のいる近鉄が1試合を残している時点で永淵の打率が張本を上回っており、永淵は最終戦に出場しなければ単独で首位打者を獲得していたが、永淵は最終戦にスタメンで出場。結果的に打率2位だった張本と並んだ。この時酒好きであったことから当時の新聞などには「酒(主)力打者」と書かれた[1]。
>1980年からは日本ハムの関西地区担当のスカウトとなり自身のように小柄でもいい選手がいるという方針で活動したが、大型選手に目が行く球団と対立し、ドラフト前の9月に辞表[1]。その翌日に大阪の焼鳥店に見習いとして働き、12月に故郷の佐賀で焼鳥店「あぶさん」を開店、現在でも経営している[1]。
酒の強さは並外れており、毎日試合後に飲みに出かけては、二日酔いで試合に出場することも多く、酒量も20代の頃には一晩に一升をあけるほどであった[2]。試合中にグラウンドに吐きながら守っていて線審の田川豊に注意されたというエピソードもある[3]。
引用元:永淵洋三 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E6%B7%B5%E6%B4%8B%E4%B8%89

【4月16日】1968年(昭43) 代打でプロ初本塁打の後はリリーフ登板した“あぶさん”
> 夜空に舞い上がった白球は右翼席の中段で跳ねた。代打でプロ入り初本塁打。これ以上内衝撃的なデビューを永淵は初球をとらえて飾った。ルーキーの一打で猛牛打線に火が付いた。近鉄はこの後、6連打で5点。回が替わった時には、2点ビハインドが3点リードに変わっていた。。

 「オイ、さっきホームランを打ったナガブチとかいうの。アイツじゃないか」。猛攻の合間に見た光景に8800人の観客は目を疑った。代打本塁打を打った新人が休む間もなく、今度はブルペンで捕手を座らせ投球練習をしている。3回表、東映の攻撃に移る前に、この年から近鉄の指揮を執る“魔術師”三原脩監督が事もなげに、砂川恵玄球審に告げた。「ピッチャー、永淵」。
>そのため、契約金は値切られた。それでも永淵はよかった。プロ入りの動機は「東芝時代、月給3万円なのに飲み屋に20万円のツケがあった。それを返すアテもなく、プロ野球に入って契約金で払うしかないと思った。プロには1、2年いればいいくらいの考えだった」と永淵。20万円をゆうに超える金額を手にし、飲み友達の借金も肩代わりした。

 “夜の帝王・カポネ”と呼ばれた永淵の酒豪ぶりは今でもプロ野球界の伝説。結婚式の費用まで酒代に消え、結婚をしばらく延期したほどで、漫画家水島新司氏の作品「あぶさん」はこの永淵の契約金での借金返済がヒントとなり、作品が生まれた。
引用元:【4月16日】1968年(昭43) 代打でプロ初本塁打の後はリリーフ登板した“あぶさん”(野球) ― スポニチ Sponichi Annex 野球 日めくりプロ野球4月 http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_april/KFullNormal20080330206.html

ここは、マンガ「あぶさん」の景浦安武のモデルになった、
元近鉄バファローズの永渕洋三さんのお店です。
>永渕さんは、パリーグの首位打者まで取られた名選手ですが、
野球のお話をさせて頂いても、常に謙虚で偉ぶるところがなく、
いつ伺っても楽しい時間を過ごさせて頂いております。
ただ酒豪と言われたご主人ですが、
最近は体調があまり良くなくて、お酒の量が減っているのが少し気掛かりです。

お店はカウンター10席程度に、個室が3部屋の小さな焼き鳥屋ですが、
大き目の鶏肉を皮パリパリに焼いて、レタスと大根おろしとポン酢で食べるあぶさん焼が売りです。
引用元:『あぶさんです』by ヨシヨシヨッスィー : やきとり あぶさん – 佐賀/焼鳥 [食べログ] http://tabelog.com/saga/A4101/A410101/41003852/dtlrvwlst/3154523/

アブサン(仏: absinthe)は、フランス、スイス、チェコ、スペインを中心にヨーロッパ各国で作られている薬草系リキュールの一つ。ニガヨモギ、アニス、ウイキョウなどを中心に複数のハーブ、スパイスが主成分である。
フランス語での発音はアプサン([apsɛ̃])あるいはアプサント([apsɛ̃t])。英語ではアブシンス。アブサント、アプサンとも。名前はギリシア語の “ἀψίνθιον”(”apsínthion”、ヨモギの意)に由来する。[1]
日本では、有名な商品名であるペルノー(仏: pernod)を一般名詞的に呼ぶ場合がある。ペルノーという呼び方は、同社のもう一つの有名な商品であるアニス酒を指すこともある。
引用元:アブサン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%82%B5%E3%83%B3