「栄村忠広」さかえむらただひろ 吉村禎章と衝突した選手

143caIicXg
1988年7月6日の中日戦で巨人の
吉村禎章と激突して靭帯損傷の
重症を負わせた選手は◯◯忠広?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
さかえむら(答)
栄村忠広

361pQsvOABMIj
1990年のリーグ優勝を決める
サヨナラ本塁打を打った
巨人の選手は◯◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
よしむらさだあき(答)
吉村禎章

ですが
2000年のリーグ優勝を決める
サヨナラ本塁打を打った
巨人の選手は◯◯◯◯?
におかともひろ(答)
二岡智宏
引用元:1990「吉村禎章」2000「二岡智宏」巨人リーグ優勝を決めたHR | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/13158/

栄村 忠広(さかえむら ただひろ、1961年9月10日 – )は、元プロ野球選手(外野手)。鹿児島県枕崎市出身。
>同年7月6日、対中日ドラゴンズ戦(札幌市円山球場)で8回表から中堅手の守備に入り、中尾孝義の打球を捕ろうとした左翼手の吉村禎章と衝突。吉村は左膝靭帯断裂の重傷を負い、そのまま担架で運ばれ退場し、北海道大学付属病院に搬送された(なお、栄村は無傷でそのまま試合に続けて出場した)[1]。
>当時の巨人の主力選手だった吉村と衝突し、吉村に重傷を負わせたため、栄村本人が「ひっそり生活してきたい」との旨を表明し、球界関係者やマスコミとの接触を拒絶していたため、引退後の動向はしばらく不詳であった。
その後、テレビ番組やライター[3]の取材に応じ、テレビ番組[2]では本人のインタビューや草野球に興じる姿が紹介された。その中で、自身がバッシングや吉村の負傷に対する自責の念から苦悩していた頃、その吉村から激励された事も明かした。
引用元:栄村忠広 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%84%E6%9D%91%E5%BF%A0%E5%BA%83

番組では、栄村が現役中のみならず、引退後も吉村をケガさせたことに対する自責の念にかられていた様子が描かれた。そして、きちんと謝罪できなかったことをずっと悔いていた栄村が、吉村へ手紙を執筆。「許してください」という最後の一文に、これまで彼が背負ってきたものの重さがにじみ出ていた。

「現役引退後、栄村には、かなりの取材依頼が舞い込んでいました。『あのプロ野球選手は今』のような特集で必ず名前が挙がりますからね。でも、栄村はほぼすべて断っていました。引退後も、トラウマは決して消えることがなかったわけです。でも今回、テレビを通じて、吉村に手紙を渡せたことで、いくらか楽になったのではないでしょうか。
引用元:元巨人・吉村と激突の栄村忠広氏 取材依頼を断り続けていた│NEWSポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20140921_277677.html?PAGE=2