11「塩見貴洋」14「則本昂大」21「釜田佳直」

087qMXtJiR
次のうち、プロ野球
東北楽天ゴールデンイーグルスの
選手を全て選びなさい
中村剛也
則本昂大(答)
藤田一也(答)

051dVpKqre
次のプロ野球
東北楽天ゴールデンイーグルスの
投手を背番号の数字が
小さい順に選びなさい
塩見貴洋 11
則本昂大 14
釜田佳直 21

引用元:選手名鑑 | 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト http://www.rakuteneagles.jp/team/player/list/

藤田 一也(ふじた かずや、1982年7月3日 – )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(内野手)。徳島県鳴門市出身。
>経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
徳島県立鳴門第一高等学校
近畿大学
横浜ベイスターズ
横浜DeNAベイスターズ (2005 – 2012)
東北楽天ゴールデンイーグルス (2012 – )
>守備[編集]
二塁手・遊撃手・三塁手と複数ポジションをこなし[1]、2013年5月には、テレビ番組で仁志敏久に「日本一守備がうまい選手」とその守備力を評されている[11]。もっとも多く出場した二塁手での守備率は通算.993。2011年にはシーズンを通して無失策を記録するなど安定した成績を残している。
引用元:藤田一也 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E7%94%B0%E4%B8%80%E4%B9%9F

塩見 貴洋(しおみ たかひろ、1988年9月6日 – )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(投手)。
>2010年のドラフト会議で楽天とヤクルトから1位指名(それぞれ大石達也、斎藤佑樹の外れ1位指名)を受け、抽選の結果、楽天が交渉権を獲得し、入団。背番号は「11」。
引用元:塩見貴洋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E8%A6%8B%E8%B2%B4%E6%B4%8B

則本 昂大(のりもと たかひろ、1990年12月17日 – )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(投手)。滋賀県犬上郡多賀町出身。
>2012年のドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受けた。同年11月に開催された明治神宮野球大会では2回戦で法政大学に敗れる。11月23日に楽天と契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約した[4]。背番号は「14」。なお、ドラフトでプロからの指名がなかった場合は日本生命に進む予定だった[2]。また、三重中京大学は2013年春に閉校したため、則本らは最後の卒業生となった[5]。
引用元:則本昂大 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%87%E6%9C%AC%E6%98%82%E5%A4%A7

釜田 佳直(かまた よしなお、1993年10月26日 – )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(投手)。
>2011年のドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受け、11月9日に契約金5000万円、年俸600万円で仮契約した[3]。背番号は「21」。
引用元:釜田佳直 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%9C%E7%94%B0%E4%BD%B3%E7%9B%B4