「千歳市」「札幌市」1972札幌冬季五輪の会場

001HfpnwqJ
次のうち、1972年の札幌冬季五輪
の会場となった北海道の都市を
1つ選びなさい
苫小牧市
札幌市(答)
富良野市
芦別市
千歳市(答)
恵庭市

札幌オリンピック(さっぽろオリンピック)は、日本の北海道札幌市で1972年2月3日から2月13日まで行われた冬季オリンピック。日本およびアジアで初めて開催した冬季オリンピック。
>札幌市
真駒内屋外競技場(オープンスタジアム):開会式、スピードスケート
真駒内屋内競技場(アイスアリーナ):閉会式、フィギュアスケート、アイスホッケー
月寒体育館:アイスホッケー
美香保体育館:フィギュアスケート
大倉山ジャンプ競技場:スキージャンプ90m級
宮の森ジャンプ競技場:スキージャンプ70m級
手稲山:回転、大回転、リュージュ、ボブスレー
詳細は「サッポロテイネ#オリンピック競技場」を参照
西岡距離競技場:距離、バイアスロン
オリンピック村:真駒内緑町
>千歳市
恵庭岳:滑降
引用元:札幌オリンピック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF

千歳市(ちとせし)は、北海道石狩振興局にある市。
>「北海道の空の玄関口」である新千歳空港があり、国内線の東京(羽田)- 札幌(新千歳)間は単一路線としては世界一の乗降客数を誇っている[1][2]。国際線と合わせた乗降客数は年間およそ1,800万人に達する[3]。
また市内には、陸上自衛隊第7師団と航空自衛隊第2航空団の基地や演習場があり、自衛隊と共存した社会を築いている。東千歳駐屯地、北千歳駐屯地、千歳基地の合計隊員は9,100人(推定)で、退役者や隊員の家族を含めると、市内人口のおよそ26 % を占めている[4][5]。
空港があり、高速道路(道央自動車道・道東自動車道)や港(苫小牧港)にも至近距離にあることから工業団地が集積している。札幌市中心部までは車でおよそ1時間(高速道路利用)、鉄道でおよそ30分 – 40分(特急・快速列車利用)で行くことができる。
千歳市の平均年齢は41.3歳で(平成22年国勢調査)、北海道一若いまちとなっている[6]。
引用元:千歳市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E6%AD%B3%E5%B8%82