第1回日本シリーズ優勝「毎日オリオンズ」 「若林忠志」七色の魔球 初代新人王セ・リーグ「大島信雄」パ・リーグ「荒巻淳」

064HRgWBac
プロ野球の第1回日本シリーズ
で優勝したチームは
大毎オリオンズである
✕(答)
◯毎日オリオンズ

「大毎」「毎日」で似ているので注意して下さい。

CIMG9291FQwgKAuvgZcQ
阪神と毎日で活躍し
「七色の魔球」と呼ばれた
変化球で通算237勝をあげた
ハワイ出身の投手は?
若井健彦
小村忠雄
大林和志
若林忠志(答)
わかばやしただし

連想
阪神と毎日で活躍した投手
1944年と1947年にシーズンMVP
42歳での完封勝利は最年長記録
ハワイ・オアフ島出身
若林忠志(答)


2011年に阪神タイガースが創設する、野球人として優れた見識を持った所属選手に対して与えられる賞は?
若林忠志賞(答)

IHIqkjtuzKqb
プロ野球の新人王を
セ・リーグで最初に
受賞したのは?
蔭山和夫
荒巻敦
松田清
大島信雄(答)

ですが
パ・リーグで最初に
受賞したのは?
荒巻淳(答)

CIMG2157ZqnqTAyfNEDW
2012年シーズンより登場した
プロ野球セ・パ交流戦の
大会公式キャラクターは
「○○○○くん」?
イパセチン
ルノカアー
セカパカ(答)
引用元:「ウシ科」ヤク・スプリングボック・ヒツジ・オリックス アフリカのシカっぽいのはウシ科 「セカパカくん」セ・パ交流戦のキャラ「アルパカ」モチーフ | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/3826/

1950年の日本シリーズ(第1回プロ野球日本選手権試合・日本ワールドシリーズ)は、セントラル・リーグ代表・松竹ロビンスと、パシフィック・リーグ代表でこの年創部した毎日オリオンズとの間で、1950年11月22日よりワールドシリーズを参考に7戦4勝制によって開かれた日本選手権シリーズである。この年はフランチャイズ(いわゆるホームタウン)がまだ制度化されておらず、シリーズは1試合ごとに会場を代えて行われた。またホーム扱い(後攻め)は奇数試合が松竹、偶数試合は毎日がそれぞれ当たった。
>第1戦
松竹はシーズン39勝を挙げたエース真田重男ではなく新人の大島信雄が先発。逆に毎日は42歳大ベテランの若林忠志。
>第6戦
記念すべき第1回日本シリーズはあっけない形で、創部初年度の毎日が初代日本一の座を獲得した。
引用元:1950年の日本シリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/1950%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

>歴代チーム名
毎日オリオンズ(1950年 – 1957年) 大映ユニオンズと対等合併(1958年・開幕直前)
毎日大映オリオンズ(1958年 – 1963年)
東京オリオンズ(1964年 – 1968年)
ロッテオリオンズ(1969年 – 1991年)
千葉ロッテマリーンズ(1992年 – 現在)
>毎日時代[編集]
1949年9月、毎日新聞社を親会社とする毎日球団が設立され、「毎日オリオンズ(まいにちオリオンズ)」が結成された[2]。
>1957年、シーズン成績は3位に終わる。11月28日、成績が低迷していた大映ユニオンズ(大映野球)と対等合併し「毎日大映オリオンズ(まいにちだいえいオリオンズ)」に改称。略称は「大毎オリオンズ(だいまいオリオンズ)」。
引用元:千葉ロッテマリーンズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E8%91%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA