「クロール」のストローク順「キャッチ」「プル」「プッシュ」「リカバリー」

005lCehkru
次の水泳のクロール
における腕の動きを
入水から順に選びなさい
キャッチ
プル
プッシュ
リカバリー

ストローク「かき」で得られる推進力
クロールの推進力を生み出す大切なストローク。その一連の動作を「エントリー」「キャッチ」「プル」「プッシュ」に分解してみよう。(1)手のひらの入水角度は水面に対して45度(エントリー)。(2)かき始めて水をつかむ(キャッチ)。(3)ひじを曲げて胸まで加速しながら引き寄せ反作用の力を得る(プル)。(4)引き寄せた水を、スピードを殺さずに慣性を生かし後ろに押し出す(プッシュ)。
11-02YZoKTjV
引用元:2011年 初夏号 (6-7月)| [特集:上手に泳ぐってどういうこと?] 「おぼれないコツ」から「上級テクニック」まで 水の世界を感じながら 泳いでみよう | 科学するこころを開く サイエンスウィンドウ https://sciencewindow.jst.go.jp/html/sw40/sp-003

クロールでの、ストロークの種類はエントリー、キャッチ、プル、プッシュ、リリース、リカバリーがあります。
エントリーとは、手を水面につけた水面につけたときのことをいい、そこからさらに手を前方に向かってまっすぐ伸ばすとキャッチになります。このとき、手先から足先までのストリームライン姿勢を意識することが重要です。プルは、さらに水をかいて自分の真下まで手をもってくる動作で、しっかりみずをとらえて体の中心線にそってかくことを意識するとスムーズになります。ここからさらに水を太ももの方へ押し出すようにかくのがプッシュになります。リリースでは、いままでかいていた手を水面から引き抜き、頭を倒して息継ぎをします。最後にリカバリーでは、水面の近くまで手をもっていき、エントリーにつなげます。この一連の動作を左手と連携させて泳ぎます。
引用元:水泳の用語についていくつか教えてください。 – クロールでの、 ・キャッチ … – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1218606197