陸上100m日本記録保持者「伊東浩司」10.00 200m「末續慎吾」20.03

150yPrYwAC
陸上男子100mの日本記録を
現在持っている選手は
伊東浩司である
◯(答)

タイピング
伊東浩司がもっている陸上男子100mの日本記録は10秒◯◯?
00(答)

この項目は日本陸上競技連盟が公認した陸上競技の日本記録(りくじょうきょうぎのにほんきろく)を扱う。一部、日本陸連公認対象外種目に関して記載する。氏名・所属名は便宜上略称のまま記載しているものを含む。
引用元:陸上競技の日本記録一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%A8%98%E9%8C%B2%E4%B8%80%E8%A6%A7

日本記録 – 公益財団法人日本陸上競技連盟

伊東 浩司(いとう こうじ、1970年1月29日 – )は、兵庫県神戸市出身の日本陸上競技・短距離走元選手、現指導者。100mの現日本記録保持者。現在は甲南大学スポーツ・健康科学教育研究センター准教授。左利き。
多くの日本人選手が短距離界で活躍するネグロイドに合った走り方をしていた中、一人日本人に適した走り方を求め当時タブーとされていた「腕を軽く振る」「足をあまり上げない」「少し前傾姿勢」といった走法を取り入れた選手であった。

1998年12月13日に開かれたバンコクアジア大会の男子100mにおいて、準決勝で当時のアジア記録ともなる日本新記録の10秒00を出した(速報タイムでは9秒99で、アジア人・非ネグロイド初の9秒台かと思われた。準決勝だったため最後は流している。直後のインタビューでは最後流したことに対する後悔の発言を残している。この記録は2013年現在も日本記録である。100m決勝レースでは10秒05で優勝。男子200m(20秒25)と男子400mリレー(38秒91・アンカー)でも優勝を果たして合計3個の金メダルを獲得、バンコクアジア大会のMVPも獲得した。
非アフリカ系選手で当時の最高記録となる10秒00をマークしたのは、1984年のポーランドのマリアン・ヴォロニンに続き2人目であった[1]。その年の年末、紅白歌合戦にゲスト出演するまでに知名度が上がり「アジアの風」と呼ばれた。
引用元:伊東浩司 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E6%B5%A9%E5%8F%B8

末續 慎吾(すえつぐ しんご、1980年6月2日 – )は、日本の陸上選手。熊本県熊本市出身。北京オリンピック男子4×100mリレー銅メダリスト。
>東海大学で高野進の指導を受ける。高野が日本人の体格に合わせて構築した走法を完成させ、世界陸上2003年パリ大会の200mで3位となった。日本人でこの種目のメダル獲得は初めて。また、2006年のアジア大会の200mで2連覇するなどし、全盛期にはパトリック・ジョンソンとともに、「現役世界最速の非ネグロイド」とも言われた。
2008年8月22日の北京オリンピック男子4x100mリレー決勝では第2走者として激走[1]、オリンピックにおける日本男子トラック種目で初の銅メダル獲得に貢献した。
引用元:末續慎吾 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AB%E7%BA%8C%E6%85%8E%E5%90%BE