「電通」2014からJリーグマーケティングパートナー 「博報堂」逢坂剛がかつて勤務 「電通」藤原伊織がかつて勤務

056abYdajm
2014年から5年間、Jリーグ
と契約を結んだ広告代理店は
博報堂である
✕(答)
◯電通

CIMG2889
作家の逢坂剛が、かつて
勤務していた広告代理店は
電通である
✕(答)
◯博報堂

◯×
作家の藤原伊織が、かつて
勤務していた広告代理店は
電通である
◯(答)
✕博報堂

公益社団法人日本プロサッカーリーグ(以下「Jリーグ」)は、Jリーグの2014年から2018年までの5年間のJリーグ マーケティング パートナーに、電通を指名した。
これにより、電通はJリーグが主催する試合や大会に係る企業向けのマーケティング権を独占的に販売していくことになる。
引用元:Jリーグが2014年~2018年のJリーグ マーケティング パートナーとして電通を指名 – 電通報 http://dentsu-ho.com/articles/576

Jリーグは17日の理事会で、電通とマーケティングパートナー契約を結ぶことを決めた。公式スポンサーとの契約などのマーケティング事業を独占して取り扱う。契約期間は2014年からの5年間。

 これまでは1993年のリーグ開幕を前に、創設から尽力した博報堂と一貫して独占契約を結んできた。大東和美チェアマンは変更の理由として日本代表などとの関連性や、テレビなどの露出獲得への影響力を強めることに加え「アジア戦略を展開する上でもネットワークに広がりがあるため」と説明した。〔共同〕
引用元:Jリーグ、電通とパートナー契約 14年から5年間  :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKC0767_X11C13A2000000/

逢坂 剛(おうさか ごう、1943年11月1日 – )は、日本の小説家、推理作家。東京都文京区生まれ[1]。本名は中 浩正(なか ひろまさ)。父は挿絵画家の中一弥[2]。
>幼少期に母が病死し、父子家庭で育つ。開成中学・高校を経て、中央大学法学部法律学科へ進学。学生運動たけなわの頃であり、司法試験受験は早々とあきらめ1966年に卒業、博報堂に勤務する傍ら、執筆活動を行う[3]。17年ほど兼業した後、1997年に社屋が芝浦に移るのを機に31年勤めた同社を早期退職し、神田神保町にオフィスを構える専業作家となった[1][2]。
引用元:逢坂剛 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A2%E5%9D%82%E5%89%9B

 ハードボイルド小説「テロリストのパラソル」などで知られる直木賞作家の藤原伊織(本名利一)さんが17日午前10時14分、食道がんのため東京都品川区の病院で死去した。59歳。大阪市出身。
> 東大卒業後、電通に勤務する傍ら小説を執筆。「テロリストのパラソル」で1995年に江戸川乱歩賞、その翌年に直木賞を受賞した。
>他の作品に「ひまわりの祝祭」「てのひらの闇」「シリウスの道」など。
引用元:作家藤原伊織さんが死去 「テロリストのパラソル」 http://www.47news.jp/CN/200705/CN2007051701000355.html