ヨハン・クライフの所属クラブ「アヤックス」「バルセロナ」「フェイエノールト」 背番号「14」

065WmIslJZ
次のうち、元サッカー選手の
ヨハン・クライフが
現役時代に所属したことがある
クラブを全て選びなさい
バルセロナ(答)
レアル・マドリード
ACミラン
フェイエノールト(答)
バレンシア
アトレティコ・マドリード
KlflHhZ
引用元:ヨハン・クライフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95

044HuXDEvB
オランダのヨハン・クライフが
代表やクラブでつけた、彼の
代名詞にもなっている背番号は
「◯◯」? ◯を答えなさい
14(答)

ヨハン・クライフことヘンドリック・ヨハネス・クライフ(オランダ語: Hendrik Johannes Cruijff[注 1] OON(英語版), 1947年4月25日 – )は、オランダ出身の元サッカー選手、サッカー指導者である。選手時代のポジションはフォワード(センターフォワード、ウインガー)、ミッドフィールダー(攻撃的MF)。
リヌス・ミケルス監督の志向した組織戦術「トータルフットボール」をピッチ上で体現した選手であり[1][7]、選手時代に在籍したアヤックスではUEFAチャンピオンズカップ3連覇、オランダ代表ではFIFAワールドカップ準優勝に導いた実績などからバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を3度受賞した。フランツ・ベッケンバウアー(ドイツ)と並ぶ1970年代を代表する選手[1][8][9]であり、ペレ(ブラジル)やアルフレッド・ディ・ステファノやディエゴ・マラドーナ(共にアルゼンチン)と並ぶ20世紀を代表する選手と評されている[6][7]。
>背番号14[編集]
クライフの代名詞である背番号「14」はアヤックス時代から好んで着用していた[209]。1970-71シーズン開幕の際にクラブは個々の選手に固定の背番号を着用させることにしたが、クライフは攻撃的なポジションの選手が身に付ける「7」から「11」までの背番号ではなく、控え選手が付ける「14」を選んだ[127][209]。この理由について役員が尋ねると、クライフは

9番はディ・ステファノ、10番はペレの背番号だ。私は誰も身につけていない14番を「クライフの背番号」にする。

— ヨハン・クライフ

と答えたという[127][209]。また1974年のワールドカップに出場した当時のオランダ代表では、背番号は選手のアルファベット順に身に付けることになっていた[209]ため、頭文字が「C」で始まるクライフは本来であれば「1」番を着用するはずだった[209]が、特例として「14」を着用することが認められた[209]。
引用元:ヨハン・クライフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95