「山瀬功治」所属順「コンサドーレ札幌」「浦和レッドダイヤモンズ」「川崎フロンターレ」「京都サンガ」

308oOgSWrN
次のJリーグのクラブを
サッカー選手・山瀬功治が
所属した順に選びなさい
コンサドーレ札幌
浦和レッドダイヤモンズ
川崎フロンターレ
京都サンガ

山瀬 功治(やませ こうじ、1981年9月22日 – )は、北海道札幌市出身[1]のサッカー選手。Jリーグ・京都サンガF.C.所属。ポジションはミッドフィールダー。元日本代表。
サッカー選手の山瀬幸宏は弟。父はサラエボ冬季五輪にバイアスロンで出場した山瀬功。
>J1に昇格した2001年には主力として24試合に出場しチームのJ1残留に貢献、Jリーグ新人王に輝いた。2002年にはチーム史上日本人として初めて背番号10を背負い副主将に任命されるも、シーズン途中に右膝靭帯断裂の重傷を負う。
wcFBxzJ
引用元:山瀬功治 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%80%AC%E5%8A%9F%E6%B2%BB