「コンダラ」 グランドローラーの俗称 『巨人の星』「思い込んだら」の都市伝説

509bHZrCNc
野球のグラウンドの整備などに
使うこのローラーの俗称は?
(画像出題)
ロアダマコ
ドムイラン
コンダラ(答)
手動式整地ローラー

コンダラは、日本の俗語の一つ。グラウンドの整備などに使う「手動式の整地ローラー(手動式整地用圧延機、転圧ローラー、グラウンドローラー)」を指し、「コンダラ」が手動式整地ローラーの正式名称であるとする都市伝説が広まる[要出典]に連れて、俗語として定着していった[要出典]。 他に、「コンダーラ」「コンダラー」「コンダーラー」との異称もある[要出典]。
>ちなみに、押して使うのが正しい使用法である。牽引して使用するものというイメージが流布している[要出典]が、それだと使用者の足を轢いてしまう危険がある。(上の写真でも、柄に押した跡が見て取れる)
近年では生徒の手でグラウンドの整地を行うことも少なくなり[要出典]、大重量ゆえに廃棄にも手間がかかるコンダラは、校庭の片隅に放置され錆びついた姿を見かけることが多い[要出典]。
>語源は、1968年(昭和43年)に放映が始まったテレビアニメ『巨人の星』のオープニング主題歌「ゆけゆけ飛雄馬」(作詞:東京ムービー企画)の最初のフレーズ、「思い込んだら 試練の道を」の「込んだら」であり、そのフレーズを聴いた視聴者が「重いコンダーラ(重いコンダラ)」と勘違い(ぎなた読み)したことが由来とされる[要出典]。
引用元:コンダラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A9

コンダラとはアニメ『巨人の星』から派生した俗語である。

グランド整備などに使う整地用手動式ローラーのことを指す。
巨人の星の主題歌である『ゆけゆけ飛雄馬』に出てくる「思い込んだら」の歌詞の部分を「重いコンダラ」と視聴者が勘違いしたことから由来したといわれる。

しかし、関連動画を見てわかるとおり、コンダラを引いているシーンはオープニングでは一切登場しない。
引用元:重いコンダラとは (オモイコンダラとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%87%8D%E3%81%84%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A9