礒貝洋光が所属したクラブ「ガンバ大阪」「浦和レッズ」

095RSNpaEc
次のうち、礒貝洋光が所属した
サッカークラブを全て選びなさい
ガンバ大阪(答)
浦和レッズ(答)
柏レイソル

礒貝 洋光(いそがい ひろみつ、1969年4月19日 – )は、熊本県下益城郡小川町(現宇城市)出身の日本の元サッカー選手。現プロゴルファー。姓は磯貝と表記される場合もある。
>典型的な天才肌タイプの選手であり、クラシックなゲームメーカー。運動量が少なくプレーのムラも多かったが、非凡なるパスセンスを持ち、両足共に高い精度を誇っていた。しかしプロ入り後天皇杯で大怪我をしてプレイのクオリティを下げる結果になってしまった。 ガンバ大阪時代には攻撃的MFとしてプレーしていたが、高校や大学時代にはFWとして、また浦和レッドダイヤモンズ時代には展開力を買われてボランチでプレーした経験も持つ。
>Jリーグ開幕前年の1992年に東海大学を中退して、ガンバ大阪に入団。自身への挑戦のため、あえて馴染みのない関西のクラブに入団したとの事である。
その後は永島昭浩や本並健治らと共に、Jリーグ初期のガンバ大阪を盛り上げた。常に主力として活躍し、キャプテンを担った事もあった。1995年の日本代表としてインターコンチネンタル選手権で念願のAマッチデビューを果たすがこれが最後の代表出場となった[1]。1997年に浦和レッドダイヤモンズに移籍したが翌1998年に29歳で現役を引退した。Jリーグ通算成績は135試合出場29得点。
引用元:礒貝洋光 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%92%E8%B2%9D%E6%B4%8B%E5%85%89