エムボマ カメルーン出身のサッカー選手 ガンバ大阪で活躍

063NAhcxjiSdu
1997年にJリーグの得点王に
輝いたパトリック・エムボマの
出身国は?
(アフリカ大陸の画像)
カメルーン


大きな地図で見る

パトリック・エムボマ(Henri Patrick Mboma Dem, 1970年11月15日 – )は、カメルーン出身の元同国代表サッカー選手。
唇を閉じて「ンボマ」と発音するのが正しいが、フランス時代に誤って「M’boma」と綴られたため「エムボマ」と呼ばれるようになったとされる。
>1997年にJリーグのガンバ大阪に移籍。圧倒的な個人能力を発揮し、28試合出場25得点の大活躍、強烈な存在感を示した。「浪速の黒豹」と呼ばれ、応援スタンドには「神様 仏様 エムボマ様」の垂れ幕が踊った。ベルマーレ平塚戦では驚異的なリフティングシュートを決めた。エムボマを抑えることのできるディフェンダーは日本には存在せず、元日本代表の中田英寿は「あんなやつがサッカーやっているなんて反則だよ (それほど衝撃的だった)」とコメントしており、元日本代表の秋田豊は「(フランスワールドカップで対戦した元アルゼンチン代表)ガブリエル・バティストゥータよりもエムボマのほうが凄かった」とコメントしている。
引用元: パトリック・エムボマ – Wikipedia