1956南海 1963中日ほか多数「全球団勝ち越しで優勝できず」

023uqjPXRB
日本のプロ野球で
全チームに勝ち越ししながら
優勝を逃したチームが
過去に存在する
◯(答)

杉浦清監督時代(1963-1964)[編集]
1963年は、優勝した巨人と2.5ゲーム差ながらもセ・リーグでは初めてとなる全球団に勝ち越しながら優勝を逃す2位。しかし、翌1964年は一転して2リーグ分裂後初めてとなる最下位に終わる。なお、同シーズン途中からは西沢道夫が監督を務めた。
引用元:中日ドラゴンズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%97%A5%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%BA

>1956年、2月、球団初の日本国外遠征となるハワイ遠征を行う。序盤、4月15日に首位に立つと途中6月半ばに一時首位を陥落したものの、6月末に首位に返り咲くと首位を譲らないまま、9月上旬の時点では2位の西鉄に7ゲームをつけていた。しかし9月22日からの平和台での対西鉄4連戦に3敗1分けと勝てずに同月30日には西鉄に首位を明け渡し翌日に南海が再度返り咲くなど、西鉄との首位争いとなるが、この後南海が対大映4連戦に2勝2敗とし、西鉄が5勝1敗と勝ち越し、10月6日に西鉄の優勝が決まっている。南海は全球団から勝ち越し、かつ西鉄と同数の96勝を挙げたものの、1954年同様に引き分け1つの差の8球団中2位に終わっている。
引用元:福岡ソフトバンクホークス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9

1974年セリーグでの巨人
1位中日に14勝8敗、3位ヤクルトに13勝12敗、1分
4位阪神に16勝8敗2分け、5位大洋に13勝12敗1分
6位広島に15勝10敗1分
結果→71勝50敗9分け・勝率587でリーグ2位
優勝した中日にゲーム差ゼロ、勝率にして1厘差で及ばず

1978年パリーグでの近鉄
1位阪急に14勝10敗2分け、3位日ハムに13勝11敗2分け
4位ロッテに13勝11敗2分け、5位クラウンに14勝9敗3分け
6位南海に17勝5敗4分け
結果→71勝46敗13分け・勝率607でリーグ2位
前後期通算成績で1位阪急に9ゲーム差つけられる
・・・
引用元:日本のプロ野球で、レギュラーシーズンにおいて全球団から勝… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10145431720