創設順「インディ、モナコ、ルマン」

042AcGjjDP
次の世界三大レースに
数えられる自動車レースを
第1回が開催されたのが
古い順に選びなさい
インディ500
ル・マン24時間レース
モナコグランプリ

世界三大レース(せかいさんだいレース、Triple Crown of Motorsport)とは、モナコグランプリ、インディ500、ル・マン24時間レースという3つの自動車レースに対する伝統的な呼称である。

インディ500[編集]
開催地 – インディアナポリス・モーター・スピードウェイ(2.5miles)/アメリカ合衆国・インディアナポリス
初開催 – 1911年
観客動員数40万人を誇るアメリカ最大のモータースポーツイベント。決められた距離を走るスプリントレースながら総走行距離が500マイル(約806km)と非常に長く、ドライバーはその中を350km/hを超える速さで走り続ける。クラッシュが度々起こるため何度もレースがリスタートされることや、フルコースコーション中の一斉ピットワーク、スリップストリームを駆使したオーバーテイクによって頻繁に順位が入れ替わる。そのため最終周の残り数メートル誰が勝つか分からないエンターテイメント性に富んだレースが展開される。
モナコグランプリ[編集]
開催地 – モンテカルロ市街地コース(3.34km)/モナコ公国・モンテカルロ
初開催 – 1929年
市街地レースの元祖にして、F1ドライバーたちが揃って「選手権で最も重要なレース」と称するレース。シケインやタイトコーナーが連続するテクニカルコースでは、F1においてすら決勝レースの平均速度が150km/h程度である。また、道幅が狭くエスケープゾーンも少ないため些細なミスも許されない。ゆえにドライバーの技量が大きく問われる難しいレースであり、「モナコでの一勝は、他のレースでの三勝に匹敵する」と言われる。さらにF1のサーキット中最もオーバーテイクが難しいと言われ、予選での速さが重要になる。
ル・マン24時間レース[編集]
開催地 – サルト・サーキット(13.629km)/フランス・ル・マン
初開催 – 1923年
耐久レースのなかでは最も長い歴史をもち、「世界最高の草レース」と呼ばれることもある。世界各国で行われる耐久レースのほとんどはル・マンのフォーマットに準じている。サルト・サーキットは長距離の高速サーキットで、かつコースのほとんどに公道を利用しているため路面はパンプが険しく、エンジンやサスペンションが酷使される。さらに夕方、夜間、日中と移り変わるコンディションの中で走らなければならない。そのためマシンには高い速度と優れた信頼性、ドライバーには集中力はもちろん、環境の変化に対応する力と相互のチームワークが求められる。
引用元:世界三大レース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%89%E5%A4%A7%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9