「DRS」可変リアウイング 登場順「運動エネルギー回収システム」「Fダクト」「ドラッグリダクションシステム」

096ZABbLpf
エフワンでは2011年シーズン
より導入が認められた
「可変リアウイング」を
アルファベット3字でいうと?
EATR
SDKF
DRS(答)
22%
「Drag Reduction Systems」

023xPgCrkO
075hEduZPR
次のエフワンの
レーシングカーに関する
パーツやアイディアを
登場したのが古い順に選びなさい
マスダンパー
運動エネルギー回収システム(KERS)
Fダクト
ドラッグリダクションシステム(DRS)

ドラッグリダクションシステム ( 英:Drag Reduction System ) は、電子制御によって可動型エアロパーツ(特にウイング)の働きを弱め、ヴィークルに発生する空気抵抗による抗力(ドラッグ)を低減(リダクション)するシステムである。主にF1にて2011年より使用が認められている部品の1つの事を指し、略称として「DRS」と呼ばれる。本項は2011年度 F1テクニカルレギュレーション第3条の18項 「ドライバーによる調節可能なボディワーク」に基づき、狭義である2011年のF1世界選手権のルールより使用が認められる「可変リアウィング(オーバーテイクウィング)」について記すものとする。
>この手法は各F1チームに在籍する12名のテクニカルディレクターが2010年のカナダGPで話し合って考案したもので、この年登場したFダクトがドライバーの片手をふさぐために廃止が濃厚であったことと、特に上位チームがレギュレーションの隙間をかいくぐるように莫大な資金を注入して開発し続けていた可変フロントウィング(フレキシブルウィング)を廃止しようという動きが強まり、それに変わる空力パーツが求められたためである[2]。
この案はFIAに受け入れられ、2010年12月10日に正式に「可変リアウィング(Moveable rear wings[3])」としてレギュレーションで使用が承認された[4]。2011年2月6日にはこのシステムについての基幹となる明確なルールが定められた[5]。
>作動原理[編集]
このシステムの名称は3月頃より各国のスポーツ誌やF1関連サイトの間で「DRS(Drag Reduction Systems)」と呼ばれ始めた。DRSは直訳で「抗力低減装置」となり、実際にリアウィングを可変させることで抗力を低減させることができるためマシンの加速が増す。
引用元:ドラッグリダクションシステム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%80%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0