「高橋秀人(ひでと)」FC東京 「昌子源(しょうじげん)」鹿島アントラーズ 「指宿洋史」アルビレックス新潟

079xAkIlZV
次のサッカー選手を
所属クラブごとに
グループ分けしなさい

アルビレックス新潟FC東京鹿島アントラーズ
高橋秀人
昌子源
指宿洋史

高橋 秀人(たかはし ひでと、1987年10月17日 – )は、群馬県伊勢崎市出身[5]のサッカー選手。Jリーグ・FC東京所属、ポジションはミッドフィールダー(ボランチ)、ディフェンダー(センターバック)。東京学芸大学卒業。
>2013年は日本代表としてコンフェデレーションズカップに帯同し、東アジアカップオーストラリア戦ではゲームキャプテンを務め[35] 同大会の優勝を果たすなど戦力として食い込みつつあったが、代表とクラブの行き来も影響して[36] 好調を維持できなかった[7]。翌年開催のFIFAワールドカップ本大会に当たっては、専門誌で「2010年大会のようにアンカーを置く守備的布陣を採用するのならば最適の選手」との評価を受け[37]、守備のユーティリティー性からも有力候補として名前が挙がったが[38]、攻撃重視のメンバー選考が行われたために[39] 選外となった。
高橋秀人 – Wikipedia

昌子 源(しょうじ げん、1992年12月11日 – )は、兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手[1]。Jリーグ ディビジョン1・鹿島アントラーズ所属。元日本代表。ポジションはディフェンダー(センターバックおよび左サイドバック)[1]。姉は、女優・モデルの昌子カエデ。
>鹿島アントラーズ[編集]
挫折を経験して自身の武器であったフィジカルとキックにさらに磨きをかけるようになり、2011年、柴崎岳、梅鉢貴秀、土居聖真らとともに鹿島アントラーズへ入団した[1][6]。
2014年10月1日、日本代表に初選出されたが、発表直後の10月5日のJ1第27節・G大阪戦後に負傷による辞退が発表された[7]。その後、2014年内最後の強化試合メンバー発表となった11月5日に代表復帰。この年のリーグ戦では自身初の全試合出場を果たし、Jリーグ優秀選手賞を受賞した。
2015年3月31日、JALチャレンジカップのウズベキスタン戦で代表デビュー。
昌子源 – Wikipedia

指宿 洋史(いぶすき ひろし、1991年2月27日 – )は、千葉県流山市出身のプロサッカー選手。アルビレックス新潟所属。ポジションはFW(CF, WG)。
>2014年7月にハンガリー1部リーグのデブレツェニVSCへの移籍が報道された[19] が、アルビレックス新潟への完全移籍がチームにより正式発表された[20]。
指宿洋史 – Wikipedia