「平忠彦」元二輪レーサー 資生堂男性化粧品「TECH21」イメージキャラクター

193uNBONRI
1980年代に資生堂の男性用化粧品
TECH21のイメージキャラクターと
なった二輪ライダーは◯忠彦?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
たいら(答)
「平忠彦」

平忠彦(たいら ただひこ、1956年11月12日 – )は、福島県南相馬市(旧原町市)出身の元オートバイ・ロードレースライダーである。
端正な容貌、ダイナミックかつ緻密なライディング、人気と実力を兼ね備えたライダーであり、1980年代の国内ヤマハワークスでエースの地位を占めた。しかしスターにありがちな派手な言動は全く無く、穏やかな人柄で男女問わず多くのファンを獲得した。速さは勿論の事、卓越したマシン開発能力があり、ロードレース世界選手権 (WGP、現Moto GP) にすぐれたマシンを供給して、ヤマハのタイトル獲得に貢献した。
>1980年代後半は資生堂の男性用化粧品TECH21のイメージキャラクターとなる。「自分は、一等賞が、好きです」「男をチューンナップしな!」「男たちへ、アクセル」「スポーツする男たちへ」などのコピーと共にテレビ・雑誌などのさまざまなメディアに登場した。WGP500ccクラスや鈴鹿8耐ではマシンに「21番」のゼッケンを付けて走り、日本GPでは8耐と同じTECH21カラーのスペシャルカラーリングを使用した(他の海外GPではマールボロカラー)。
1988年に劇場公開された、ロードレース世界選手権や鈴鹿8時間耐久レースのドキュメンタリー映画『TOP DOG』に出演している。
資生堂が提供する日本テレビ系トーク番組『おしゃれ30・30』にゲスト出演した際には、ダンディなスーツ姿で登場し、MCの古舘伊知郎から「銀座の一流ホストのよう」と褒められた。
平忠彦 – Wikipedia