「金鯱軍」きんこぐん かつて存在したプロ野球チーム

129oRkMLEY
1936年から5年間、名古屋に
本拠地を置いた野球チーム
金鯱軍
きんこぐん(答)

名古屋金鯱軍(なごやきんこぐん)は、1936年から1940年まで5年間活動した日本のプロ野球球団の一つであった。
>名古屋新聞社を親会社として1936年2月28日に設立。ニックネームの「金鯱」は名古屋城の「金鯱」に因む。
本拠地は愛知県愛知郡鳴海町(現・名古屋市緑区)[1]にあった鳴海球場であった。
>結成に際し岡田源三郎を総監督、東京巨人軍の助監督であった二出川延明を監督として迎えた。しかし、二出川がシーズン始めに退団し審判に転向、主将だった島秀之助が監督になった(後に、島も二出川に誘われて審判に転向する)。