母「オリエンタルアート」子「オルフェーヴル」 母「ビワハイジ」子「ブエナビスタ」 母「パシフィカス」子「ビワハヤヒデ」

071NDnWQxn
次の中央競馬で活躍した競走馬を
母にあたる繁殖牝馬ごとに
グループ分けしなさい

オリエンタルアートビワハイジパシフィカス
オルフェーヴル
ビワハヤヒデ
ブエナビスタ

知らないと、ビワハイジとビワハヤヒデをつなげてしまいます。

タイピング
ビワハヤヒデ、ナリタブライアンと2頭のGIホースを生んだ名繁殖牝馬は◯◯◯◯◯◯?
パシフィカス(答)

オリエンタルアート (英: Oriental Art) は日本(中央競馬)の元競走馬。母としてGI勝ち馬のドリームジャーニー、オルフェーヴルなどを産んだ。
>競走馬引退後は生まれ故郷の白老ファームで繁殖牝馬となる[3]。ステイゴールドとの相性が良く、春秋グランプリなどGIを3勝したドリームジャーニー[3]、2011年のクラシック三冠馬のオルフェーヴルと2頭のGI馬を輩出しているが、ともにステイゴールド産駒である。
中央競馬における産駒のGI勝ち数は9勝であり、スカーレットブーケ(ダイワメジャー、ダイワスカーレットの母)と並ぶ最多記録である[4]。2014年10月現在、出産した8頭中7頭の産駒が中央競馬で勝ちあがっている。
オリエンタルアート – Wikipedia

ビワハイジ(1993年3月7日 – )は、日本の競走馬で、現在は繁殖牝馬である。おもな勝ち鞍は、阪神3歳牝馬ステークス。おもな産駒にGI・6勝のブエナビスタや阪神ジュベナイルフィリーズ-GIの勝ち馬ジョワドヴィーヴル、近親にGI・3勝のマンハッタンカフェがいる。
>産駒のおもな勝ち鞍
アドマイヤジャパン(京成杯-GIII)
アドマイヤオーラ(京都記念-GII、弥生賞-JpnII、シンザン記念-JpnIII)
ブエナビスタ(ジャパンカップ-GI、天皇賞(秋)-GI、優駿牝馬-JpnI、桜花賞-JpnI、ヴィクトリアマイル-GI、阪神ジュベナイルフィリーズ-JpnI、京都記念-GII、チューリップ賞-JpnIII)
トーセンレーヴ(エプソムカップ-GIII)
ジョワドヴィーヴル(阪神ジュベナイルフィリーズ-GI)
サングレアル(フローラステークス-GII)
ビワハイジ – Wikipedia

パシフィカス (Pacificus) はイギリスの競走馬。競走馬としては活躍できなかったが、繁殖牝馬として日本に輸出されてからは現地で大成功を収め、GI競走3勝を挙げたビワハヤヒデ、史上5頭目のクラシック三冠馬ナリタブライアンなどを産んだ。
>パシフィカスは早田光一郎が1989年12月にイギリス・ニューマーケット(Newmarket)で開かれたディセンバーセールで購入した繁殖牝馬である。ノーザンダンサーの仔で血統も悪くなく8歳と若かったが、パシフィカス自身および産駒の競走成績が芳しくなかったこと、セールの際に無名種牡馬シャルードの仔(のちのビワハヤヒデ)を受胎していたことから、3万1000ギニー(約520万円)の安値で購入された。
>日本へ輸入されたのちはビワハヤヒデ、ナリタブライアンと相次いで活躍馬を輩出、その後ビワタケヒデも兄2頭には及ばないもののラジオたんぱ賞に勝つなど活躍した。
パシフィカス – Wikipedia