「野崎舞夏星」のざきまなほ かわいすぎる女子相撲選手

063sXCtCxb
2014年に可愛すぎる女子高生
相撲ガールとして話題に
野崎舞夏星
のざきまなほ(答)

野崎 舞夏星(のざき まなほ、1996年〈平成8年〉7月17日[1] – )は、日本の女子相撲選手。静岡県浜松市出身[1]。静岡県立浜松西高等学校出身[2][3]、2015年(平成27年)4月からは立命館大学に在学[4]。
>小学生時代に、レスリングを習っていた兄の影響で自らもレスリングを始める[5]。小学校2年のとき、通っていたレスリングクラブから力をつけるために相撲を薦められ、相撲の魅力を知って女子相撲の道に入り[6]、小学4年で地元企業の相撲クラブに入る[7]。
>女子相撲選手の中では比較的小柄な体格だが、足腰の強さとスピードのある当たりが身上[14]。相撲の傍らでレスリングも続けており、中学2年時にはレスリング中部日本大会で優勝[3]。レスリング教室で年少の子供たちのコーチも行なっている[1][6]。高校では柔道部に所属しており、2013年12月時点では初段の腕前である[15]。レスリングや柔道で培った技を相撲にもいかしており[16]、それらをいかした投げ技[15]、特に下手投げや掬い投げを得意とする[17]
>2013年5月には日本テレビの番組『未来シアター』で特集されたことで知名度が上昇[5][19]。実力に加えてそのルックスから「美少女アスリート[1]」「かわいすぎる力士」としてスポーツファンの間で話題となり[18]、女性格闘家たちの写真集『闘う女たち』でも取り上げられている[3][19]。
野崎舞夏星 – Wikipedia

その革新者は高校2年生、まだ16歳。
おしゃれにだって興味はある。
けれどそれ以上に、彼女は心を奪われてしまった。
そう、相撲に。
革新者・女子相撲選手、
野崎舞夏星(のざきまなほ)
彼女の最大の武器は、スピードと足腰の強さ。
中学にあがると50キロ未満の軽量級では
向かう所、敵なし。数々の大会で優勝をさらってきた。
その彼女が、次なるステージに挑む。
未来シアター|日本テレビ