「有田修三」近鉄梨田・巨人山倉と併用されカムバック賞を受賞した捕手 鈴木啓示が指名

042JuohOfC
1973年に近鉄に入団し、梨田昌孝
との併用で起用された捕手で
巨人に移籍後の1988年には
カムバック賞を受賞したのは誰?
村島三夫有
司平田修隆
有田修三(答)

有田 修三(ありた しゅうぞう、1951年9月27日 – )は、日本の野球解説者・元プロ野球選手(捕手)。
山口県宇部市の出身で、実兄は元広島東洋カープ投手の有田哲三[1]。現役晩年に所属した福岡ダイエーホークスでは、コーチを兼任した。現役引退後も、最初に所属した大阪近鉄バファローズや、阪神タイガースでコーチを務めている。
>一時は山倉の陰に隠れる形で2番手の捕手に甘んじていたが、1988年に山倉の怪我により正捕手の座を獲得。本塁打も久しぶりに二桁となる12本を放ち、カムバック賞を受賞する働きを見せた。1989年には中日ドラゴンズから中尾孝義が移籍してきたため再び控えに回り、シーズン後半戦は出場機会が激減。古巣・近鉄との日本シリーズでは、出場資格選手登録されたものの、トレード相手の淡口とは対照的に出場機会はなかった(1989年の日本シリーズ参照)。
>我の強いエース・鈴木啓示とは我の強いもの同士、反発しあって合わないのではないかと周囲は心配していたというが、後年では鈴木の登板する試合は必ず有田が起用されることとなった。当初鈴木はサインに首を振って打たれると文句を言ってくる有田をあまり好ましく思っていなかったが、たまたま鈴木の投げた試合に有田が起用された時に2ストライク後の決め球として有田がアウトコース低めに落ちるシュートを要求し、ストレートを投げたかった鈴木は驚いたが、言う通りに投げた鈴木は結果その打者を空振り三振に打ち取った。その時に鈴木は「こういうリードもあるのか」と感心。その後有田に対しての認識を改めて「一本調子になりがちな自分を戒めるリードをする有田を自分の投げる試合の捕手に指名した」と鈴木本人が語っている。
有田修三 – Wikipedia