男子十種競技(デカスロン)「走」100m・400m・110H・1500m「飛」走幅・走高・棒高「投」砲丸・円盤・やり 女子七種競技(ヘプタスロン)「走」100H・200m・800m「飛」走高・走幅「投」砲丸・槍 近代五種競技「ペンタスロン」フェンシング・水泳・馬術・コンバインド(射撃・ランニング)

028tqdSnMb
次の陸上競技の種目のうち
男子十種競技で
行われないものはどれ?
棒高跳び
三段跳び(答)
走り幅跳び
走り高跳び

CIMG4536jIGptFahEVXk
次のうち
陸上の「七種競技」に
含まれる種目を
全て選びなさい
走り高跳び(答)
槍投げ(答)
砲丸投げ(答)
200m走(答)
走り幅跳び(答)
ハンマー投げ
棒高跳び

デジタル大辞泉の解説
きんだい‐ごしゅきょうぎ〔‐ゴシユキヤウギ〕【近代五種競技】

オリンピック競技の一。フェンシング・水泳(200メートル自由形)・馬術(障害飛越(ひえつ))・コンバインド(射撃とランニング)の5種目を一人の選手が一日で行い、総合得点で順位を決める。→五種競技 →七種競技 →十種競技
[補説]2009年より、射撃(レーザーピストル)とランニングを合わせて交互に行う「コンバインド」に変更された。
近代五種競技(きんだいごしゅきょうぎ)とは – コトバンク

デジタル大辞泉の解説
ななしゅ‐きょうぎ〔‐キヤウギ〕【七種競技】

陸上競技で、女子の混成競技。第1日は100メートルハードル・走り高跳び・砲丸投げ・200メートル走、第2日は走り幅跳び・槍投げ・800メートル走の7種目を一人で行い、総得点で順位を競う。ヘプタスロン。→近代五種競技 →五種競技 →十種競技

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
十種競技
じっしゅきょうぎ
decathlon

陸上競技における男子混成競技の一つ。1日5種目ずつ2日間で 10種目を行なう。1日目は 100m走,走り幅跳び,砲丸投げ,走り高跳び,400m走を,2日目には 110mハードル (→ハードル競走 ) ,円盤投げ,棒高跳び,やり投げ,1500m走を,それぞれこの順序で競技する。
十種競技(じっしゅきょうぎ)とは – コトバンク