投手とチーム 広島「福井優也」「永川勝浩」中日「田島慎二」「山内壮馬」横浜「山口俊」

039SuEGjrRYGJ
次のプロ野球の投手を
所属しているチームごとに
グループ分けしなさい

広島中日横浜DeNA
福井優也
田島慎二
山内壮馬
永川勝浩
山口俊

福井 優也(ふくい ゆうや、1988年2月8日 – )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(投手)。
>2007年、早稲田大学スポーツ科学部トップアスリート選抜入試に合格。斎藤佑樹、大石達也らと同期で推薦入学し、野球部に入部。斎藤とともに2人の甲子園優勝投手は将来のダブルエースとして期待された。福井は後に「斎藤と大石は目標であり自分を満足させなかったライバル。自分は3番目」と語っている[2]。1年春の東京六大学野球リーグ2戦目に先発登板するが3回途中でノックアウト、夏に右肩痛を発症しベンチ入りメンバーから外される。この頃はマウンド上での態度が悪く投球に悪影響を与えていたが、周りからの指摘で改めたことで冷静に投球できるようになったという[2]。
>平均球速約141km/h[6]、最速152km/hのストレートとキレ味抜群の縦のスライダー、カーブ、フォークが武器[7][8]。一方でプロ1年目の2011年にリーグ最多の与四球・暴投を記録するなど制球が課題で、投手コーチの大野豊は「新しい球を覚えるというより、持ち球の制球力を磨いてほしい」と修正点を挙げている[9]。
福井優也 – Wikipedia

田島 慎二(たじま しんじ、1989年12月21日 – )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(投手)。
>高校卒業後は、愛知大学野球連盟に加盟する東海学園大学に進学。1年時の春からリーグ戦に登板。2年時からエースとなり、春には1季のみではあるが1部リーグを経験。
>2012年、4月14日の対阪神タイガース戦で2番手で登板しプロ初勝利を挙げている[4]。同年のオールスターで榎田大樹の出場辞退による補充選手として、初めて選出された。この年は防御率1.15、30ホールドを記録。クライマックスシリーズでも浅尾、山井大介とともにリリーフで活躍した。11月22日、同学年の女性と結婚した[5]。
2013年、シーズン終了後に背番号を12に変更。
2014年、7月5日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム))でNPBタイ記録の1イニング3連続死球[6]。1イニング3死球は2010年のジャンカルロ・アルバラード(広島)以来6人目の記録で、3連続死球に限定すると、1979年の望月卓也(ロッテ)以来の記録である[6]。ただし、この試合では後続を断ち、無失点で切り抜けている[6]。
田島慎二 – Wikipedia

山内 壮馬(やまうち そうま、1985年7月1日 – )は、愛知県豊田市出身の中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(投手)。
>名城大学進学後は一年先輩の清水昭信らとともに同大野球部を支え、3年時の全日本大学野球選手権大会ではベスト8進出に貢献した。愛知大学1部リーグで通算6勝8敗、2部リーグで9勝3敗。4年生秋に2部リーグで最優秀選手、最優秀防御率を受賞。
>平均球速約136km/h[4]の速球は打者の手元で沈むクセ球であり[2]、変化球はスライダー・カーブ・フォーク・シュート・カットボールを投げる。ドミニカウインターリーグの派遣をきっかけに、打者の目線をそらすことの大切さを知り、カーブを習得。
初勝利を挙げた2010年からは変化球を低めに集め打たせて取るピッチングに徹しており、ストレートをほとんど投げなくなっている。
山内壮馬 – Wikipedia

永川 勝浩(ながかわ かつひろ、1980年12月14日 – )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(投手)。
>中学校時代はバスケ部に所属していた。 3年間のブランクがあったが高校で再び野球を始める。 広島県新庄高校(同級生にMEG)から亜細亜大学を経て、2002年ドラフトにおいて広島東洋カープから球団史上初の自由獲得枠として入団。東都大学リーグ通算15試合登板、5勝4敗。通算防御率2.03。球団として8年間欠番が続いていた北別府学の永久預かり番号[1]である背番号20を継承した。
>ノーラン・ライアンを真似たという、セットポジションから上げた足(膝)を顎に当てる投球フォームから最速153km/h(2005年5月17日に計測)の球威あるストレートと、大小2種類のフォークボールを投げる。特に空振りを取るフォークは、打者の顔の高さから一気に落ちてワンバウンドするほど落差が大きい。永川は投球の半分以上がフォークであり、奪三振率が高く、毎年投球回を大きく上回る奪三振数を記録している。
永川勝浩 – Wikipedia

山口 俊(やまぐち しゅん、1987年7月11日 – )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(投手)。大分県中津市出身。
父親は大相撲の元幕内力士・谷嵐[1]。
>2005年の第77回選抜高等学校野球大会に出場し、初戦で151km/hを記録するも(NHKの中継での表示は148km/h)、天理高等学校に敗れる。同年夏の全国高等学校野球選手権大分大会準決勝の試合中に肘を痛めてしまい、圧倒的な優勝候補であったにも関わらず準決勝で敗戦。それでも横浜ベイスターズからの評価は高く、高校生ドラフト1巡目で横浜から指名を受け、入団。
>打者に対してやや左足をファースト方向へずらしてセットするスリークォーターから投げ込む平均球速約148km/h[16]の直球と落差の大きいフォークボールを軸に、スライダー、カーブを織り交ぜて勝負する速球派投手。リリーフ時には最速157km/hを記録した[17]。
山口俊 – Wikipedia