「無礼なことを言うな 分をわきまえなきゃいかんよ たかが選手が」

0168pFgWVDFoWh
次の文字列を順に選んで
2004年のプロ野球再編問題の
際に発せられた、渡邉恒雄の
有名な発言にしなさい
無礼なことを言うな
分をわきまえなきゃいかんよ
たかが選手が
「無礼なことを言うな 分をわきまえなきゃいかんよ たかが選手が」

2004年のプロ野球再編問題(プロやきゅうさいへんもんだい)とは、2004年に日本プロ野球球団の大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブが、合併を前提に話し合うと発表したことを始まりとして議論された、プロ野球の業界再編問題。
>オリックスと近鉄の合併(近鉄のオリックスへの売却)構想が表面化したことで、両球団のオーナー・経営陣が、あまりの事の唐突さに労働組合日本プロ野球選手会と野球ファンの猛烈な反発を受けた事がこの問題の発端である。
さらにこれを機に、経営難に陥っているパシフィック・リーグ各球団が人気のあるセントラル・リーグ球団からの救済を求めたことに加え、球界の独占的な支配を図っていると一般から見なされた、一部の有力球団のオーナーが球団数を大幅に削減しようと考えていたことにより、8 – 10球団の1リーグ制への流れが急速に進んでいったことも明らかになった。
これを受け、当時の選手会長古田敦也はオーナー達との対話を求めようとするが、当時の読売ジャイアンツオーナー・渡邉恒雄[1]が古田に対し「無礼なことをいうな。たかが選手が」と発言、対話すら拒否の態度を示された事で、選手会とファンはますます合併推進派に対する感情的な猛反発を強める。プロ野球再編問題は野球界のみならず政界・経済界・労働界までも巻き込むこととなる。
プロ野球再編問題 (2004年) – Wikipedia

渡邉 恒雄(わたなべ つねお、1926年(大正15年)5月30日 – )は、日本の新聞記者、実業家。勲等は旭日大綬章。株式会社読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆、株式会社読売巨人軍取締役最高顧問。「ナベツネ」の通称で知られる[1]。
株式会社読売新聞社社長、株式会社読売巨人軍オーナー、社団法人日本新聞協会会長などを歴任した。
自ら「俺は最後の独裁者だ」と言ったとされ[2]、メディアにおいて「独裁者」と呼ばれていることについては渡邉自身が認めている。他に「メディア界のドン」「政界フィクサー」とも呼ばれている(詳細は後述)[3]。
>2リーグ12球団の維持を主張していた当時日本プロ野球選手会会長の古田敦也(ヤクルトスワローズ)による経営者側との会談の提案を拒否し、この件に関するインタビューの中で「無礼な事を言うな。分をわきまえなきゃいかんよ。たかが選手が。」と発言した[34]。この発言に対し、世論の反発を招いた。このスポーツ記者(西村欣也)の質問とは、「明日、選手会と代表レベルの意見交換会があるんですけれども、古田選手会長が代表レベルだと話にならないんで、できれば、オーナー陣といずれ会いたいと(言っている)」というもので、のちに古田自身が全面否定した。
渡邉恒雄 – Wikipedia