「田中亜土夢」「ハーフナー・マイク」HJKヘルシンキ所属の日本人

0044jizgijycRu
次のうち
フィンランドのサッカークラブ
HJKヘルシンキでプレーした
選手を全て選びなさい
丸岡満
田中亜土夢(答)
南野拓実
ハーフナー・マイク(答)

ヘルシンギン・ヤルカパッロクルビ(Helsingin Jalkapalloklubi)は、フィンランドの南東部、南スオミ州、ウーシマー県の都市ヘルシンキに本拠地を置くサッカークラブである。チーム名のHelsingin(ヘルシンギン)はHelsinki(ヘルシンキ)という固有名詞の変化形の一つで、「ヘルシンキの」という意味。
>HJKヘルシンキは、リーグ優勝26回、フィンランド・カップ優勝12回、フィンランド・リーグカップ優勝4回を果たしているフィンランドで最も実績のあるクラブと考えられている。また国際的に成功したフィンランド人選手の多くが、海外移籍する前に同クラブに所属していた。
HJKヘルシンキ – Wikipedia

田中 亜土夢(たなか あとむ、1987年10月4日 – )は、新潟県新潟市東区出身のプロサッカー選手。ポジションは攻撃的ミッドフィールダー。
>HJKヘルシンキ[編集]
2015年2月10日、フィンランド、ヴェイッカウスリーガ所属のHJKヘルシンキへの加入が発表された[12]。背番号は新潟時代に引き続き10番。同月13日のリーグカップ、ロヴァニエメン・パロセウラ戦で初出場し、90分に初得点を記録した[13]。
田中亜土夢 – Wikipedia

ハーフナー・マイク(オランダ語: Mike Havenaar, 1987年5月20日 – )は、広島県広島市出身のプロサッカー選手。元日本代表。ポジションはフォワード。HJKヘルシンキ所属。
>オランダ出身の父ディド・ハーフナーが、マツダSC(現サンフレッチェ広島)でコーチ兼任選手としてプレーしている時期に、広島で生まれた。
>HJKヘルシンキ[編集]
2015年3月2日、フィンランド・ヴェイッカウスリーガのHJKヘルシンキに加入した[11]。
3月6日に行われたフィンランド・リーグカップのFCラハティ戦で移籍後公式戦初出場を果たし、田中亜土夢のアシストから公式戦初得点を記録した[12]。
>父ハーフナー・ディドは名古屋グランパスエイトやジュビロ磐田で活躍した元Jリーガーで、現在は韓国の水原三星ブルーウィングスのGKコーチを務めている。ハーフナー親子はジーコとジュニオールに次いで史上2組目、日本人としては史上初の親子Jリーガーである。
ハーフナー・マイク – Wikipedia

 HJKヘルシンキは2日、FWハーフナー・マイクを獲得したと発表した。8月までの契約となっている。

 ハーフナーは2014年夏にフィテッセからコルドバに移籍。しかし、出場機会を徐々に減らすと、12月末には契約を解除し、退団が発表されていた。そのため、フリーでの加入となる。

 リーグ戦6連覇中のヘルシンキは2月、海外挑戦のためにアルビレックス新潟を退団したMF田中亜土夢を獲得。田中はデビュー戦となった国内カップ戦で早速ゴールもマークしている。2人目の日本人選手獲得となった。
ハーフナーの新天地はヘルシンキに決定…田中亜土夢に続き日本人2人目 | サッカーキング