冬季五輪男子スピードスケートの男子種目「10000m」「5000m」ほか 女子「5000m」「3000m」ほか

040IcwENmRxOm
次のうち
五輪のスピードスケートで
男子の正式種目で行われる
距離を全て選びなさい
3000m
1500m(答)
500m(答)

500,1000、1500mまでは男女共通で
3000mが女子のみ
5000mが男子・女子
10000mが男子のみ
なのですね。
距離と性別の組み合わせから、七五三を想起したので復習します。

CIMG1623FGhsaRRqGHfR
次のうち、子供の成長を祝う行事
「七五三」で、一般に祝われる
子供を全て選びなさい
○3歳の女の子
×5歳の女の子
○5歳の男の子
○3歳の男の子
×7歳の男の子
○7歳の女の子

年齢男の子女の子
3歳髪置きの儀髪置きの儀
5歳袴着の儀
7歳帯解きの儀

「厄年」男性25,42,61「日光市にズームイン」女性19,33,37「みんなサザンへ行く」 「七五三」男の子3「髪置の儀」,5「袴着の儀」女の子3、7「帯解の儀」 | わかればいいのに I wish I knew

スピードスケート (Speed skating) は、1周400mのスケートリンクを周回し、ゴールタイムを競う競技。広義では、1周111.12mのトラックを使うショートトラックスケート競技を含めることもある。ショートトラックに対してロングトラックまたはアウトトラックともいう。
冬季オリンピックでは、男子500m・1000m・1500m・5000m・10000m、女子500m・1000m・1500m・3000m・5000mの個人種目のほか、トリノ大会から国別対抗団体種目として「団体追い抜き(チームパシュート)」が採用された。
他に、ワールドカップでは2008-09シーズンまで男女とも100mが実施されていた。
スピードスケート – Wikipedia