初の世界王者「亀田和毅」ライトフライ級「亀田大毅」フライ級「亀田和毅」バンタム級 世界初3兄弟同時世界王者 亀田興毅「WBAバンタム級」亀田大毅「IBFスーパーフライ級」亀田和毅「WBOバンタム級」

018GAtlrGI
次のプロボクサーと
初めて世界王座を
獲得した時の階級の
正しい組み合わせを選びなさい
亀田大毅───フライ級
亀田興毅───ライトフライ級
亀田和毅───バンタム級

長男から三男につれ階級が重くなります。
その後、各人が階級を上げるイメージで。

180fGfXdjReJC
次のプロボクサーと
2013年8月に世界初の3兄弟
同時世界王者となった時の階級の
正しい組み合わせを選びなさい
亀田興毅───WBA世界バンタム級 かめだこうき 長男
亀田和毅───WBO世界バンタム級 かめだともき 三男「興大和(やまとをおこす)」から
亀田大毅───IBF世界スーパーフライ級 かめだだいき 次男

興毅は長男だから最初の「A」を想起してWBA。
「浪速の弁慶」でなぎなたの画像から、「I」を想起してIBF。
和毅の和の字の「口」から「O」を想起してWBO。

CIMG4498
2010年に亀田興毅を倒して
世界王座を奪還したボクサー
ポンサクレック(答)

スロット
2007年にポンサクレックを倒しWBC世界フライ級王座を獲得したボクサーで、初防衛戦では亀田大毅に判定勝ちしたのは?
内藤大助(答)

順番当て
次のプロボクサーを内藤大助がWBC世界フライ級王座の防衛戦で戦った順に選びなさい
亀田大毅
ポンサクレック
山口真吾

CIMG9374jDXbybhSJttW
次のうち、主要4団体のいずれかで
バンタム級の世界王者となった
経験があるプロボクサーを
全て選びなさい
西城正三 WBAフェザー級
平仲明信 WBAジュニアウェルター急
辰吉丈一郎(答) WBCバンタム級
薬師寺保栄(答) WBCバンタム級
長谷川穂積(答) WBCバンタム級
六車卓也(答) WBAバンタム級
戸高秀樹(答) WBAバンタム級
亀田興毅(答) WBAバンタム級
ファイティグ原田(答) WBAバンタム級 WBCバンタム級

亀田三兄弟(かめださんきょうだい)は、実父である亀田史郎がトレーナーを務めていた兄弟であり、亀田興毅・亀田大毅・亀田和毅の3人を指す。単に亀田兄弟と呼ばれることも多い。大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。
本項では法人の亀田プロモーションおよび亀田ジムについても記述する。
>「亀田三兄弟」として取り上げられることが多いが、実際には和毅の下に姫月という妹が1人おり、2010年に芸能界入りした。また、史郎自身も三兄弟の三男である。

>長男 – 亀田興毅(かめだ こうき、1986年11月17日 – )
キャッチコピーは「浪速乃闘拳(なにわのとうけん)」。対戦相手を過激に挑発するパフォーマンスや言動がしばしばメディアで取り上げられ、賛否両論がある。左利きである。
>2009年11月29日、WBC世界フライ級王者内藤大助を判定で下し、日本人ボクサー史上7人目の2階級制覇を達成した。
2010年12月26日、元WBA世界スーパーフライ級王者アレクサンデル・ムニョスと対戦。結果は判定で下し、WBA世界バンタム級王座を獲得。日本人ボクサーとしては初の3階級制覇を達成した。

>次男 – 亀田大毅(かめだ だいき、1989年1月6日 – )
キャッチコピーは「浪速乃弁慶(なにわのべんけい)」。試合の勝利後にリングで歌う等のパフォーマンスをすることが多い。兄と同じく、対戦相手に対して激しい挑発などのパフォーマンスをよく行う。内藤大助戦において数度の反則行為を行い、2007年10月から1年間のライセンス停止の処分が下された。翌年11月復帰を果たした。
>2013年9月3日、IBF世界スーパーフライ級王座を獲得し、日本人ボクサー史上11人目の2階級制覇達成と、3兄弟による同時世界王者・4団体制覇を達成した。これにより、史上初の3兄弟世界王者タイトル保持のギネス世界記録に認定された。

>三男 – 亀田和毅(かめだ ともき、1991年7月12日 – )
キャッチコピーは「亀田家最終兵器、エル・メヒカニート」興毅・大毅曰く「兄弟の中で一番センスあるのは和毅」。2008年の北京オリンピックを目指していたがアマチュア機構側との衝突により断念[1]。中学校時代からほぼボクシングに専念。卒業後は「武者修行」と称してメキシコにて活動。2008年メキシコでプロデビューを果たした。
>2013年8月1日、WBO世界バンタム級王者パウルス・アムブンダ(ナミビア)と対戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得し、史上初の3兄弟世界王者となり、ギネス世界記録に認定された[2]。
亀田三兄弟 – Wikipedia

VpqPsWjOWvnCuBHYYwNzM
引用元:日本のボクシング世界王者一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E4%B8%96%E7%95%8C%E7%8E%8B%E8%80%85%E4%B8%80%E8%A6%A7

国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフライ級王座決定戦12回戦は3日、高松市のサンメッセ香川で行われ、同級3位の24歳、亀田大毅(亀田)が同級4位のロドリゴ・ゲレロ(メキシコ)を3―0の判定で破り、新チャンピオンとなった。IBF世界戦の国内開催は、日本ボクシングコミッションが4月に加盟して初めて。

 元世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の亀田大は2階級制覇を達成。WBAバンタム級王者の兄興毅、世界ボクシング機構(WBO)同級王者の弟和毅とともに世界初の3兄弟同時王者となった。
亀田大が2階級制覇 3兄弟同時世界王者に  :日本経済新聞

いまや何をやっても多くのブーイングが浴びせられるようになってしまった。プロボクシングで活躍する亀田3兄弟のことである。
>一体なぜ亀田3兄弟はここまで毛嫌いされるのか。その背景を探ってみると、実はメディアによって作られたレールに喜んで乗っかったものの脱線してしまい、大きな墓穴を掘ってしまった亀田一家の悲哀が浮かび上がってくる。
>ちなみに亀田一家をめぐるトラブルは枚挙に暇(いとま)がなく、現在も絶えていない。2014年12月に行われた亀田大毅のIBF、WBA両世界スーパーフライ級統一戦でIBFの立会人が「負けたら空位」から「負けても防衛」と発言を一転させてボクシング界に大混乱をもたらしたとして、JBC(日本ボクシングコミッション)は3兄弟の所属する亀田ジム・吉井慎次会長と嶋聡マネージャーが職務を全うしていなかったとして、各種ライセンスの更新を許可しない処分を下した。これにより、3兄弟の国内ボクサーライセンスも失効となっており、現在も日本で試合ができない状況が続いている。3兄弟が海外でしかリングに立てないのは、それが理由だ。
赤坂8丁目発 スポーツ246:なぜ亀田3兄弟は毛嫌いされるのか (1/4) – ITmedia ビジネスオンライン

世界ボクシング協会世界王者一覧 – Wikipedia

世界ボクシング評議会世界王者一覧 – Wikipedia

国際ボクシング連盟世界王者一覧 – Wikipedia

世界ボクシング機構世界王者一覧 – Wikipedia