名古屋グランパスの外人選手「リネカー」「ストイコビッチ」「ヴァスティッチ」

050JDFjuxOsEM
次のうち、名古屋グランパスで
プレーした外国人サッカー選手を
1つ選びなさい
リネカー(答)
ツベイバ ガンバ大阪
リトバルスキー 横浜FC アビスパ福岡
パベル 横浜FC ヴィッセル神戸監督
プロタソフ ガンバ大阪
エムボマ 東京ヴェルディ ヴィッセル神戸
ストイコビッチ(答)
ヴァスティッチ(答)

079kflIHhdvSi
1993年に名古屋グランパスに
入団したブラジル人選手
エリベウトン
エリベウトン 元名古屋グランパス ブラジル人サッカー選手 | わかればいいのに I wish I knew

CIMG6166
CIMG6167
名古屋グランパスが天皇杯を
初めて制したときの監督は
アーセン・ベンゲルですが

Jリーグ・J1で初めてリーグ
制覇を果たしたときの監督は
◯◯◯◯・ストイコビッチ?
カンガベロ
スラドルゲ
ドラガン(答)

チーム情報 名古屋グランパス 所属選手一覧
Jリーグチーム情報 名古屋グランパス 歴代所属選手一覧 | FootballGEIST

ゲーリー・ウィンストン・リネカー OBE(Gary Winston Lineker OBE, 1960年11月30日 – )は、イングランド・レスター出身の元イングランド代表サッカー選手。ポジションはフォワード。ガリー・リネカー、ギャリー・リネカーと表記されることも多い。
>1993年のJリーグ開幕時に名古屋グランパスエイトに移籍。当時のJリーグ最高年俸(3億円)だった。しかし、Jリーグでは周囲が期待するほどの活躍ができないまま2年目の1994年シーズン終了後をもって現役を引退した(リーグ戦通算18試合出場4得点)[2]。
20年間の現役生活において一度もレッドカードはおろかイエローカードすらもらったことがなく、1990年の「FIFAフェアプレー賞」を受賞している。
ゲーリー・リネカー – Wikipedia

ドラガン・ストイコビッチ(セルビア語: Драган Стојковић – Dragan Stojković、1965年3月3日 – )は、セルビア(旧ユーゴスラビア)・ニシュ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。
愛称のPixyまたはPiksiは少年時代に見ていたアニメ「ピクシー&ディクシー」(日本でのタイトルは「チュースケとチュータ」)の主人公のネズミの名前に由来している[1]。本来のつづりは「Pixie」であり、Pixyというつづりはメディアが付けたものである[2]。
>1994年から2001年まで日本の名古屋グランパスエイトに移籍し、2度の天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝に貢献した。
現役引退後はユーゴスラビア(→セルビア・モンテネグロ)協会会長やレッドスター・ベオグラード会長を歴任。2008年から2013年まで名古屋の監督を務め、6年の任期中にJ1リーグ戦優勝および準優勝各1回、天皇杯準優勝1回、AFCチャンピオンズリーグ2009でベスト4の成績を残した。
ドラガン・ストイコビッチ – Wikipedia

イヴィツァ・ヴァスティッチ(Ivica Vastić、1969年9月29日 – )は、クロアチア・スプリト出身のオーストリア代表の元サッカー選手、サッカー指導者。愛称はイヴォ(Ivo)。
>2002年からは名古屋グランパスエイトに在籍。ストイコビッチ引退後、初の欧州選手とあってか、「ピクシーの後継者」とも言われていた。在籍した1年半の間で、公式戦31試合13得点と期待通りの活躍はできなかったものの、劇的なゴールを決めるなど、サポーターから愛されていた選手でもあった。
イヴィツァ・ヴァスティッチ – Wikipedia