「ダド・マリノ」白井義男が勝利し日本人初世界王者へ「パスカル・ペレス」白井義男が敗れ引退へ 「ハイメ・リオス」高視聴率を記録した具志堅用高の防衛戦相手

117SpzmjeqOPx
日本人初のボクシング世界王者
白井義男が世界王者を獲得した
タイトルマッチの対戦相手は
パスカル・ペレスである
×(答)
◯ダド・マリノ

パスカル・ペレスに敗れて引退したようです。
ハイメ・リオスを復習しましょう。

CIMG2780

ボクシングのTV中継で最高視聴
率を記録した試合である、1978年
にTBSで放映された具志堅用高
の5度目の防衛戦の対戦相手は?
ハメ・オスリイ
ハイメ・リオス(答)
Jaime Rios
プロボクシング高世帯視聴率番組 | ビデオリサーチ

白井 義男(しらい よしお、1923年11月23日 – 2003年12月26日)は、日本の元プロボクサー。東京市(現東京都)荒川区出身。元世界フライ級王者である。日本人として初めての世界王者となった。右のアウトボクサー。
>しかしそのころジムに出入りしていたGHQ職員の生物学者アルビン・R・カーンに見出され、彼の全面的な支援の元にその素質を開花させていく。
カーンの指導の下、栄養豊かな食事を与えられ健康管理を徹底、長い手足と運動神経を活かした防御主体のよりテクニカルなスタイルに矯正したことで白井のボクシングは息を吹き返し、1952年にダド・マリノ(アメリカ)との世界タイトルマッチに勝利し王座を獲得。以後4度の防衛を果たした。敗戦に打ちひしがれた日本人にとって、白井の王者獲得とその後の防衛での活躍は”希望の光”となった。
>1952年5月19日、世界フライ級王座に挑戦。ここまで1勝1敗の王者マリノに15回判定勝ちし王座獲得。以後4度防衛を果たした(この日はのち2010年、日本プロボクシング協会によって「ボクシングの日」に指定されている)。
>1954年11月26日、パスカル・ペレス(アルゼンチン)に15回判定負けし王座陥落。
1955年5月30日、世界王座再挑戦。ペレスとのリターンマッチに5回KOで敗れ、現役引退。なお、この試合の中継は最高視聴率96.1%を記録した。この数字は、2014年4月現在のテレビ放送視聴率の中で最高である。
白井義男 – Wikipedia