「細川亨」ほそかわとおる HW捕手背番号27 青森大学出身

148LQDOiqRdCR
背番号は「27」
青森大学からプロ入り
ポジションは捕手
2010年FAで西武からホークスへ
細川亨(答)ほそかわとおる
柳田悠岐 やなぎたゆうき
明石健志 あかしけんじ
本多雄一 ほんだゆういち

214PvgNRaIpvK
次のプロ野球選手を
背番号が一桁と二桁に
グループ分けしなさい

一桁二桁備考
細川亨27 HW捕手
松中信彦3 HW内野手
内川聖一1 HW内野手外野手

細川 亨(ほそかわ とおる、1980年1月4日 – )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(捕手)。
>青森大学では捕手として異例の1番打者として活躍し、先頭打者本塁打も記録。一塁手、遊撃手にも挑戦し、2年春は遊撃手でレギュラー、3年春から正捕手となり3年春・4年春には北東北大学リーグのベストナインに選ばれた[2]。
>経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
青森県立青森北高等学校
青森大学
西武ライオンズ
埼玉西武ライオンズ (2002 – 2010)
福岡ソフトバンクホークス (2011 – )
細川亨 – Wikipedia

柳田 悠岐(やなぎた ゆうき、1988年10月9日 – )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(外野手)。
>広島商業高時代は、2年時の秋に中国大会出場、3年時の夏は県大会ベスト4で敗退。中央大学硬式野球部の入部選考に落ち[4]、広島経済大学に進学した。
2007年、大学1年時の秋からレギュラーとなり、広島六大学野球リーグ首位打者とベストナイン獲得。
>経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
広島県立広島商業高等学校
広島経済大学
福岡ソフトバンクホークス (2011 – )
>愛称は「ギータ」。広島県出身で幼少時より、何度も旧広島市民球場に通い、スクワット応援にも参加した広島東洋カープファンで「カープ男子」を自称[52][53]。ホークスは好きだがカープの優勝が見たくてファンをやっていたのでホークスファンにはならないとコメントした[54]。憧れの選手は野村謙二郎[40][55]。
特技はボウリングで自己ベストは267。大学時代は練習後にボウリング場へ直行していた[30]。 ももいろクローバーZのファン(モノノフ)でもある[31]。
柳田悠岐 – Wikipedia

明石 健志(あかし けんじ、1986年1月9日 – )は、北海道旭川市出身の福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(内野手、外野手)。
>プレースタイル[編集]
プロ入り前は高校時代に1試合で5盗塁[38]、50メートル走のタイムが5秒6、遠投110メートルと高い身体能力を示していた[39]。プロ入り後は内野ならどこでも守れるユーティリティープレーヤーとして一軍で活躍している[40]。外野手としてはレフトとライトは2012年10月8日に途中出場で守り、センターは2010年5月19日に先発出場したのが最後となっている。打撃では三塁打が多く、自身もこだわりを持っており[41][42]、『ミスタースリーベース』の異名を持っていた時期がある[43]。
明石健志 – Wikipedia

本多 雄一(ほんだ ゆういち、1984年11月19日 – )は、福岡県大野城市出身の福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(内野手)。
愛称はポン、ポンちゃんなど[1]。
>高校は鹿児島実業高等学校に進学したが甲子園出場は果たせなかった[2]。
社会人野球の三菱重工名古屋に進み、都市対抗野球大会に3度出場した。2005年4月の静岡大会では 最優秀新人賞を獲得し、同年の公式戦の盗塁成功率は100パーセントだった[2]。
2005年11月18日に行われたドラフト会議の大学・社会人ドラフトで5巡指名を受け、11月26日に仮契約を結び、福岡ソフトバンクホークスに入団した[4]。
>2013年
2月20日に、第3回WBC日本代表選手28人が発表され[159]代表入りした[160][161][162]。第1ラウンドは3月3日の対中国代表戦で9回に二塁守備から初出場した[163]。3月6日の対キューバ代表戦では代打から四球で出塁し得点を記録した[164]。第2ラウンドは3月8日の対チャイニーズタイペイ代表戦では8回1点ビハインドから代走で起用され同点の走者として生還した[165]。最終的に、この大会では4試合・2打席に終わった[166]。
本多雄一 – Wikipedia