首位打者と所属チーム「ミヤーン」「パチョレック」大洋「パウエル」中日「パチョレック」

123OvikGSHRGD
次のプロ野球選手を
首位打者を獲得した時に
所属していたチームごとに
グループ分けしなさい

中日阪神大洋
ミヤーン
バース
パウエル
パチョレック

この問題の選択肢にあるか不明ですが、「ハウエル」もヤクルトで首位打者を獲得しているようです。

フェリックス・ミヤーン(Félix Bernardo Millán Martínez , 1943年8月21日 – )は、プエルトリコ出身の元プロ野球選手(内野手)。
ニックネームは「キャット」。
>1978年に、本拠地を横浜へ移転させた大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)に入団し、来日。同年に読売ジャイアンツに移籍したジョン・シピンに代わって二塁手として定着した。
1979年には、怪我で出場試合数が少なかったものの打率.346をマークし、見事球団史上初の首位打者に輝き、ベストナインにも選ばれた。36歳での首位打者獲得は、それまで川上哲治、長嶋茂雄が持っていた日本プロ野球での最高齢記録を塗り替えるもので、2013年現在も破られていない。
フェリックス・ミヤーン – Wikipedia

ランディ・ウイリアム・バス(Randy William Bass, 1954年3月13日 – )は、アメリカ合衆国オクラホマ州ロートン生まれの元プロ野球選手(内野手)、政治家。
1977年から1982年までMLB、1983年から1988年まで阪神タイガースでプレイ。2004年からはオクラホマ州議会の上院議員(民主党)。
シーズン打率の日本記録保持者。2度の三冠王を獲得。
>1985年には掛布雅之、岡田彰布と強力なクリーンナップを形成。同年4月17日の対巨人戦、槙原寛己からのバックスクリーン3連発での1本がバースのこの年の第1号本塁打である。この年は打率.350、54本塁打、134打点の成績を残して三冠王に輝き、阪神の21年ぶりのリーグ優勝・日本一に大きく貢献した。また、セントラル・リーグ初の外国人選手による本塁打王となった。
ランディ・バース – Wikipedia

アロンゾ・パウエル(Alonzo Sidney Powell , 1964年12月12日 – )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ出身の元プロ野球選手(外野手)。
日本でのニックネームは「ゾウさん」。現在のプロ野球選手がよく使用する打撃時の肘充て(エルボーガード)を初めて使用した選手でもある。
>1992年5月、マリナーズ傘下のAAA級カルガリー・キャノンズから中日ドラゴンズに入団し、来日。当初は日本の投手の変化球に対応できず低迷したものの、徐々に適応しその打棒を存分に発揮。同年は規定打席不足ながら打率.308をマーク。
1993年は規定打席に到達し、打率.317。
1994年から1996年には外国人選手初の3年連続首位打者を獲得。膝の故障から1997年には打率.253と低迷し、同年限りで退団。
アロンゾ・パウエル – Wikipedia

ジム・パチョレック(James Joseph Paciorek , 1960年6月7日 – )は、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身のプロ野球選手(内野手)。日本球界での登録名は「ジェームス・パチョレック」。愛称は「パッキー」。
>翌1988年からはミシガン大学時代に日米大学野球で訪れた日本でのプレーを希望し、横浜大洋ホエールズに入団。同年は打率2位、安打数1位という好成績を残し、外野手としてセントラル・リーグのベストナインに選ばれた。また、おとなしい性格だが真面目な態度と確実性のある打撃からたちまち人気を得た。その後も、4番打者カルロス・ポンセの後を打つ5番打者として毎年安定した結果を残し、1989年にも打率2位となり、1990年には念願の首位打者のタイトルを獲得した。だが1991年、それまでの3年間を下回る成績に終わり、更に大洋フロント陣から「ホームランが少ない」と指摘され、大洋はこの年限りで契約を打ち切った。大洋時代の応援歌は大脱走のテーマソングであった。
ジム・パチョレック – Wikipedia