ボビー・「ケッペル」 2011-12日ハムで活躍した投手

054oxaKnClRQs
2010年シーズンに12勝、
2011年シーズンに14勝を
あげた日本ハムの投手は
ボビー・◯◯◯◯?
シフソタ
サグペル
ネッァテ
ケッペル(答)
Robert Griffin “Bobby” Keppel

つい、地理の「ケッペン」にしてしまします。

ボビー・ケッペル – Wikipedia

ロバート・グリフィン・ケッペル(Robert Griffin “Bobby” Keppel , 1982年6月11日 – )は、アメリカ合衆国ミズーリ州出身のプロ野球選手(投手)。現在は、MLBのシンシナティ・レッズの傘下AAAのルイビル・バッツに所属している。
>日本ハム時代[編集]
2010年1月7日に北海道日本ハムファイターズと2年契約を結んだ[2]。3月22日、開幕3戦目の福岡ソフトバンクホークス戦に先発したが左脇腹を痛め、僅か17球で1回終了後に降板。左内腹斜筋の軽度の挫傷と診断され、3月24日に出場選手登録を抹消された。4月8日に再登録され、東北楽天ゴールデンイーグルス戦に先発。6回4失点で来日初勝利を挙げた。5月12日の阪神タイガースとの1回戦で、9回2失点で来日初完投を決めた。前半戦は不調なチームを引っ張り、交流戦では4勝を挙げるなどダルビッシュ有、武田勝とともに先発陣の柱としてローテーションに加わった。夏場以降は背中の痛み[3]などや、不運な負けも多く勝ち星こそのびなかったものの、12勝8敗防御率3.35と好成績を収めた。奪三振は少なかったが158.2イニングを投げ被本塁打は10本に抑えた。
2011年に東北地方太平洋沖地震が発生した際に日本を勇気づけたい理由からアメリカに住む家族を呼びよせた[4]。3月20日のインタビューで「一番大事なのは被災者の助けになるような投球をすること」とコメントを残した[5]。
>3Aで中継ぎで自己最高の成績を収めた翌年にファイターズ入団を決意したのは「スターター(先発)としてのオファーだったから」と言う。自身はマイナー時代が長く、メジャー昇格した際もすぐにマイナー落ちを繰り返していた。その時のことを「短い期間だけメジャーにいることを“一杯のコーヒーを飲みに来た”と言います。私は野球=仕事と考えてしまうようになっていた」と語った[12]。
好きな日本語は「お疲れ様」だと言う。理由は「この言葉には、たくさんの意味合いが含められていますよね。アメリカに戻っても使いたいと思うのですが、短い言葉に置き換えようとしても、英語では見当たらない。日本の文化を上手に表現しているなと感じます」と語った[13]。
温厚で真面目な性格で、チームの中にすぐに溶け込んだ。
ボビー・ケッペル – Wikipedia