「ウノアエレ」イタリアの宝飾品業者「登録番号1AR由来」 「ジェフ・ゴールドプラム」『ハイダウェイ』『ザ・フライ』『インディペンデンス・デイ』『ジュラシック・パーク』 「ゴールドシップ」2012二冠馬

029NHRCgoRmPk
1926年、レオポルド・ゴリと
カルロ・ズッキが設立した
イタリアのゴールドジュエリー
メーカーといえば?
ノエアウレ
ウノアエレ(答)
「1AR」ウノアエレ

金製造者番号1番、「1AR」から「ウノ」を連想できれば、次は正答できそうですね。
ゴールドつながりを復習します。

○×
「純金」とは、48金のことである
×(答)
◯24金

CIMG6068
次のうち、
ジェフ・ゴールドブラムが
出演した映画を
全て選びなさい
『マーズ・アタック!』
『バートン・フィンク』
『ハイダウェイ』(答)
『ザ・フライ』(答)
『バイブス秘宝の謎』(答)
『インデペンデンス・デイ』(答)
『ジュラシック・パーク』(答)
『ロスト・ワールド』(答)

連想
『ハイダウェイ』
『ジュラシック・パーク』
『インディペンデンス・デイ』
『ザ・フライ』
ジェフ・ゴールドブラム(答)

CIMG8522NH4NZ3bewgW5
2012年の中央競馬の三冠レースで
皐月賞・菊花賞の二冠を制した
競走馬は?
ゴールドシップ(答)

世界の一流ブランドがわかる事典の解説
ウノアエレ【UNOAERRE】

ウノアエレ・イタリア株式会社の基幹ブランド。宝飾品。1926年、カルロ・ズッキとレオポルド・ゴリが創立。ハイテクノロジーと伝統的なクラフトマンシップを融合させた高品質のゴールドジュエリーを提供。現在、イタリア国内では結婚指輪の70%以上のシェアを占めているほど、人気が高い。本社はイタリア、アレッツォ。1934年、アレッツォで初の金製品製造業者として登録され、その番号「1AR」のイタリア語読みがブランド名となっている。
ウノアエレとは – コトバンク

UNOAERRE

歴史と伝統にその時々の流行をほどよくプラスして、いつも新しい表情を見せるUNOAERREのゴールドジュエリー。シンプルで上質、そして着用したときの最高の“キレイ”を発揮する。
 すべての女性の日常を彩るパワーを秘めたジュエリーです。そしてUNOAERREのゴールドジュエリーには“A Heart of Gold.(ゴールドの心)”とも言うべき魅力が凝縮されています。ゴールドという素材に対する知識と経験、技術、そして一歩先を行く時代感覚とファッション性が単なるジュエリーの域を超えた、リアルでアクティブなUNOAERRE。イタリアらしいモード感覚を全面に打ち出しながらも、現代女性の多様なライフスタイルをイメージし、ハイクラスなデザインジュエリーから日常的にコーディネートしやすいベーシックなジュエリーまで幅広いバリエーションとアイテム数を誇ります。
「ごくシンプルに見えるものでも、実際に着用したときにキレイに映える。」UNOAERREのお客様から良く聞かれる言葉です。素材を活かすことはもちろん、ファッションにおけるツールとしてのジュエリーのあり方をUNOAERREは大切にしていきます。
UNOAERRE

合金の主成分の含有率を純度、又は品位という。金の品位は、24分率で表される習慣がある。その場合、純金は24金、24カラット (Karat)、あるいは、K24 と表す。そして、金の含有率に従い数値を変える。例えば、18金は金の含有率が18/24、すなわち750‰であることを表し、装飾品に750と刻印される。なお、このカラットは宝石の重量を表すカラット (carat・1ct=0.2g) とは異なるものである。
日本では99.99 %以上の純度の金を24カラット、又は純金と表示して良いことになっている。
また、ジュエリー用金合金の場合は、999以上を純金と表示してもよい。但し、1000分の1に硬化材が添加されている可能性があるので、地金取引に用いるインゴットの純金とは異なる。
このほか、純金の度合いを0.995などのように0から1の間の数値で表すこともある。
金 – Wikipedia