荒井幸雄 元ヤクルト外野手 1987新人王 日本石油 横浜商業高校

026BxzxFSEHQW
横浜商業高校出身
日本石油からヤクルトに入団
近鉄を経て横浜で引退
1987年セ・リーグ新人王
真中満
荒井幸雄(答)
秦真司
飯田哲也

荒井 幸雄(あらい ゆきお、1964年10月13日 – )は、神奈川県横浜市金沢区出身[1]の元プロ野球選手(外野手)、野球指導者。2010年からは読売ジャイアンツの二軍打撃コーチ。
愛称は同姓のタレント・荒井注にちなみ「チューさん」。
>横浜市立六浦中学校、横浜商業高校卒業。横浜商業でのポジションは中堅手で高校通算43本塁打を記録している[1]。
>同年のプロ野球ドラフト会議でヤクルトスワローズに2位指名され入団。プロ生活2年目の1987年には打率.301を記録し、セントラル・リーグ最優秀新人に選出された[1]。公称で身長170cmという小柄な打者だったが、バッティング技術が高く、ヤクルトの好成績に貢献した。
>1996年、木下文信との交換トレードで小坂勝仁とともに近鉄バファローズへ移籍し、1998年、無償トレードにより横浜ベイスターズへ移籍。1999年4月27日の広島東洋カープ戦に代打として出場し、通算1000試合出場を達成した(荒井はこのとき三振に倒れており、三振しながら球場職員から花束を受け取るシーンはこの年の「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」に多用された)。
2000年に現役を引退。翌2001年からコーチとしてヤクルトに復帰し2007年までヤクルト二軍打撃コーチ、2008年~2009年は北海道日本ハムファイターズ二軍打撃コーチ、2010年からは巨人の二軍打撃コーチを務めている。
引用元: 荒井幸雄 – Wikipedia

真中 満(まなか みつる、1971年1月6日 – )は、栃木県大田原市出身の元プロ野球選手(外野手)。
2011年から2013年までは東京ヤクルトスワローズの二軍監督を務めた。 2014年シーズンより一軍チーフ打撃コーチを務める。
>大田原小5年の時に野球を始める。宇都宮学園高等学校(現:文星芸術大学附属高等学校)時代は3番を打ち、4番の高嶋徹と共に3年時の1988年に春夏連続で甲子園に出場。春はベスト4、夏は3回戦敗退。
>今度はリーグの最多安打記録を塗り替える青木の大活躍で出場機会が減ってしまうが、真中には勝負強いバッティングを生かすため代打の切り札という新たな役割が与えられた。代打でも3割バッターとして遜色のない働きを見せ、2007年には日本記録となるシーズン代打起用回数98回・代打のみで31安打を記録するなど“代打職人”、“代打の神様”と称される選手となる。この代打起用回数・代打安打数は未だに破られていない。しかし、2008年は14打数1安打(打率.071)に終わり、同年限りで現役引退。
引用元: 真中満 – Wikipedia

秦 真司(はた しんじ、1962年7月29日 – )は、徳島県鳴門市出身の元プロ野球選手(外野手、捕手)。2012年から読売ジャイアンツのバッテリーコーチ
>徳島県立鳴門高等学校では、1980年に同期のエース島田茂を擁し春夏の甲子園に出場。春の選抜では、1回戦で滝川の石本貴昭投手に抑えられ敗退。夏の甲子園では3回戦に進出するが、優勝した横浜高のエース愛甲猛に1-0で完封される。
>1984年には第13回日米大学野球選手権日本代表に選出され、同年のロサンゼルスオリンピック日本代表として金メダルを獲得した。
>ロッテ退団後の2004年、タレントの井手らっきょがテレビ番組『マネーの虎』(日本テレビ、同年2月2日放送分)に出演し、元・プロ野球選手による野球塾開校を希望。堀之内九一郎社長が激しく批判するも、井手と共に交渉にあたった秦がその場で実際に素振りをしたところ社長達がとても感動し、「下手な説明よりプロの素振りを見た方がよほど説得力があるよ」と他の社長を味方に付けたことでマネー成立。小林敬社長から270万円、高橋がなり社長と岩井良明社長からそれぞれ1000万円の投資を受け、2270万円という番組史上最高額のマネー成立を勝ち取った。
引用元: 秦真司 – Wikipedia

飯田 哲也(いいだ てつや、 1968年5月18日 – )は、東京都調布市出身の元プロ野球選手(外野手、内野手、捕手)・野球指導者。2014年からは、ニッポン放送の野球解説者を務める。
>都内の強豪である日大三高や帝京高校への進学も目指したが、中学の野球部顧問と小枝守監督が日大の同級生だった縁もあり、設備や環境に惹かれて千葉県の拓大紅陵高校に入学した[1]。
>俊足強肩の1番打者としてヤクルトの5回のリーグ優勝に大きく貢献した。またヤクルト時代は「トリプルスリーも可能だし、ヤクルトのイチローになれる」と松井優典コーチに潜在能力を高く評価されていた。自身はケン・グリフィー・ジュニアに憧れ、打撃だけでなく守備・走塁でも魅了する選手を理想としていた[9]。とことん努力したのは30歳からで、それまでは野球への取り組み方に厳しさが足りなかったと引退後に述懐している[8]。
引用元: 飯田哲也 (野球) – Wikipedia