「クウェート」サバーハ家 ほぼ砂漠「カタール」サーニー家 国旗11:28「サウジアラビア」サウード家

124cBlLnMt
国土のほぼ全てが砂漠
主要産業は石油
サバーハ家が支配
1990年に一時占領される
サウジアラビア
クウェート(答)
ヨルダン
イラン

rMCpPqv
引用元:サウジとイラン 対立の構図 スンニ派とシーア派の盟主  :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXZZO95859040X00C16A1000000/

414YKyqlyW
サーニー家が首長の国
アメリカ軍が駐留する
2022年にサッカーW杯が開催
首都はドーハ
A「バーレーン」の国旗
B「アラブ首長国連邦」
C「イラン」
D「カタール」(答)

015jNdKsAotpS
ファイサル賞
ガワール油田
サウード家が支配
首都はリヤド
(画像選択)
A「イラン」の国旗
B「カタール」
C「アラブ首長国連邦」
D「サウジアラビア」(答)


通貨単位はリアル
国境はイスラム教シーア派
かつてのペルシャ
首都はテヘラン
イラン(答)

世界第3位の原油埋蔵量
最大宗教はイスラム教シーア派
現在は内戦状態
首都はバグダッド
イラク(答)

連想
1943年にフランスから独立
西側を地中海に面する
1970年代に内戦が勃発
首都はベイルート
レバノン(答)

連想
メイダン競馬場
エミレーツ航空
ブルジュ・ハリファ
首都はアブダビ
アラブ首長国連邦の国旗(答)

連想
ベヒストゥン碑文
アッバス・キアロスタミ
白色革命
首都はテヘラン
イランの国旗(答)

カタール関連を復習します。
縦横比つながりでビリヤードテーブルも。

CIMG6943zVcTpYoHihSG
極端な横長サイズで知られる
カタールの国旗の縦横の比率は
11対○○?
42
66
34
28(答)

【 国旗の意味や由来など 】
旗竿側(左側)の白のジグザグは、この国が9つの行政区で構成されている事を表わす。
元々は赤色の旗だったが、変色して海老茶色になってしまったと言われている。隣国のバーレーン国旗と区別しやすい事もあり、今ではその色を公式の国旗の色としている。
独自の制式では縦横比が11:28で、世界一細長い国旗。
世界の国旗図鑑 – カタールの国旗

Flag_of_Qatar.svg
File:Flag of Qatar.svg – Wikipedia, the free encyclopedia

CIMG2730
一般的なビリヤードの
テーブルの縦横の長さの
比率は3:1である
×(答)
◯2:1

CIMG6971GYrwaSJQGefA
2013年に登録された、中東の国・
カタールにとって初の世界遺産は
「○○○○○○○考古学遺跡」?
ルー・アズバラ
→アル・ズバーラ
Al Zubarah Archaeological Site

クウェート国(クウェートこく、アラビア語: دولة الكويت‎)、通称クウェートは、立憲君主制で中東・西アジアの国家。首都はクウェート市。1990年にイラクに一時占領された(湾岸危機)。北と西にイラク、南にサウジアラビア、東にペルシャ湾がある。
>サバーハ家[編集]
18世紀に入ると、当地にバニー・ウトバ族(英語版)のサバーハ家 (Al-Sabah) が勃興し、1756年その首長がオスマン帝国の下で当地域の統治を担うようになる。1756年現首長家(サバーハ家)による支配が始まる。サバーハ家は、サウジアラビアのサウード家を輩出したスンナ派のアナイザ族(英語版)出身のバニー・ウトバ族(英語版)で、バニー・ウトバ族はアラビア半島中部より移動してきたと考えられており、バーレーンのハリーファ家(英語版)や有名なen:Buccaneerの片目の船長en:Rahmah ibn Jabir al-Jalahimahを輩出したen:Al Jalahmaもその一族である。この頃のクウェートは漁業や真珠の採集、交易が主な産業であった。1783年には、ファイラカ島とブビヤン島の中間にある浅瀬リッカでバヌー・カアブ(英語版)と呼ばれるアラブ系の一族とリッカの戦いと呼ばれるものが起きて勝利した。後にバヌー・カアブはフーゼスターンへ移動した。バヌー・カアブが攻撃を行った理由は諸説ある。今日のクウェートの君主と国民の祖形として国史の重要な位置を占める。第一次サウード王国がクウェートに侵攻した際にアブドゥッラー・ビン・サバーハ・ビン・ジャービル・アッ=サバーハはイギリス東インド会社との関係を構築した。
引用元:クウェート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%88

カタール国(カタールこく)、通称カタールは、中東・西アジアの国家。首都はドーハ。アラビア半島東部のカタール半島のほぼ全域を領土とする半島の国。ペルシア湾(アラビア湾)に面する。南はサウジアラビアと接し、北西はペルシャ湾を挟んでバーレーンに面する。
>その後、近代までの歴史は不明である。1825年にカタール王家サーニー家(Āl-Thānī)の創始者サーニー・ビン・ムハンマドがビダウ( البدع al-Bida‘、現在のドーハ)を治めるカタールのハーキム(英語版)に選ばれた。バーレーンのハリーファ家(英語版)(Āl-Khalīfa)が1868年まで北カタールを治めていた。その年カタール貴族の依頼によりイギリスの仲介でバーレーンの主張を取り下げさせたが、オスマン帝国がカタールを占領した。
>1995年に首長であるハマドが、父であるハリーファの外遊中に無血クーデターを起こして政権を奪取(7代目首長)。ハマドは、政権を奪取して以降、天然資源のみに頼った経済体制を危惧して、観光産業の育成などに着手している。かつてはハリーファの閉鎖的な政策の影響で宿泊施設すらほとんどなく、「世界一退屈な都市」とまで言われた首都ドーハにも、さまざまな娯楽施設などが建設され、賑わいを見せている。また、衛星テレビ局アルジャジーラも、彼のポケットマネー(1億5000万USドル)で設立された。1996年から湾岸諸国の中で唯一イスラエルの通商代表部が置かれてたが、2009年に閉鎖した[3]。
2013年6月25日、ハマドが、四男のタミーム・ビン・ハマド・アール=サーニーに譲位し、タミームが首長となる。
引用元:カタール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB

サウジアラビア王国(サウジアラビアおうこく)、通称サウジアラビアは、中東・西アジアの国家。首都はリヤド。サウード家を国王に戴く絶対君主制国家で、アラビア語による国名のアル=マムラカ・アル=アラビーヤ・アッ=スウーディーヤは「サウード家によるアラビアの王国」を意味する。世界一の原油埋蔵量を持つ国であり、石油(原油)をアメリカをはじめ世界中に多く輸出している。
サウジアラビア – Wikipedia

山中伸弥所長 キング・ファイサル国際賞受賞

1月17日、キング・ファイサル財団(サウジアラビア)は、キング・ファイサル国際賞を山中伸弥京都大学iPS細胞研究所長に贈ると発表しました。
今回の受賞は、iPS細胞の樹立に成功したことを評価されたことによるものです。
同賞は、医学を含む5つの分野において著しい功績を残した個人に対して贈られます。2011年は、医学分野の受賞者として、世界で初めてES細胞の作製に成功したジェームズ・トムソン教授(ウィスコンシン大学)と、世界で初めてiPS細胞の樹立に成功した山中伸弥教授が共同で受賞しました。
山中伸弥所長 キング・ファイサル国際賞受賞|その他|2011年|ニュース|ニュースルーム|CiRA(サイラ) | 京都大学 iPS細胞研究所

アル・ズバラフ考古学的地区(カタール国)2014.4.5
>カサブランカを出発しカタール航空で日本に戻ります。
ドーハ経由ですが、何と待ち時間が約20時間。
休憩のため、航空会社がホテルを用意してくれました。
でも、休憩だけでは飽きてしまいます。
そこで、車をチャーターして2013年登録の世界遺産を訪ねます。
『アル・ズバラフ考古学的地区(カタール国)2014.4.5』 [ドーハ]のブログ・旅行記 by FERNANDOさん