テリエ・「ハーコンセン」 スノーボードのカリスマ ノルウェーの選手

003kGrEbxBRhl
「スノーボードの神様」と
呼ばれるノルウェーの選手
ハーコンセン(答)
Terje Håkonsen

テリエ・ハーコンセン(Terje Håkonsen、1974年10月11日 – ノルウェー、ヴィニエ生まれ)は、ノルウェーのプロスノーボード選手。史上最も影響力のあるスノーボーダーとして広く知られている。もともとはスピード競技専門であった。師と仰ぐ人物にクレイグ・ケリーを挙げている。[1]
>「生ける伝説」としての地位の確立[編集]
ISF(国際スノーボード連盟)主催のハーフパイプ世界選手権において三連覇を達成(1993,1995,1997)し、フリースタイルスノーボードの頂点に立った。さらに、ヨーロッパ選手権において5回(1991, 1992, 1993, 1994, 1997)、U.S.オープンで3回(1992, 1993, 1995)、ベイカーバンクドスラローム(Mt. Baker Banked Slalom)でも6回(1995, 1996, 1998, 2000, 2003, 2004)優勝している。インスブルック・エアー&スタイル・コンテストにおいても1995年に優勝している。
引用元: テリエ・ハーコンセン – Wikipedia.
1990年のテリエは、まだ16歳という若者だった。
しかし、すでにその実力はBurtonビデオを通して、世界中に知られるようになっていた。

まだあどけない笑顔だった青年は、ハワイのビッグアイランドでその高いスキルを披露。今で言うグラトリをこの時期からカッコ良く見せていた。

1992年にクレイグ・ケリーとバトンタッチしたように、大会シーンで活躍しまくったテリエ。当時すでに最も大きな大会として知られていたUS Openで優勝。さらには、翌年93年も、さらに1年開けて 95年も優勝している。
ハーフパイプでのエアーの高さやスタイルのカッコ良さは、ダントツ。今の時代のように、多くの優れたライダーがいたわけでなく、540回していたぐらいで「スゲエ!」と言われていた時代だったので、テリエの存在感は他を圧倒していた。

テリエの凄さは、90年初めから今なおメジャー大会で活躍し、結果を残していることだろう。

例えば、レジェンドから実力ある若手ライダーが集まることで知られるマウントベーカーのバンクドスラロームでは、1995年から2012年まで7年という長いサイクルの間に実に7回も優勝しているのだ!
引用元: 歴史を動かした10人のライダー ?テリエ・ハーコンセン | dmksnowboard.com.