福原愛「シェークハンド」欧米主流 ザイロン「ラケットにも使用される合成樹脂」 「促進ルール」卓球で1ゲーム10分以上に適用 「ITTF」国際卓球連盟・International Table Tennis Federation

009NcPqnRbfDv
卓球女子日本代表の福原愛が
使用しているラケットの種類は
シェークハンドである
◯(答)
×ペンホルダー

今までラケットの「握り方」の区別かと思っていましたが、ラケット自体が違う種類だったのですね。
ラケットには「ザイロン」という合成樹脂も使われているようです。
「国際卓球連盟」もあわせて復習します。

○×
卓球のラケットで
シェークハンドといえばどっち?
(画像選択肢)
青の丸型ラケット(答) グリップは平ら
赤の角型ラケット グリップが角形(ペンホルダー)

CIMG1072vGxdvBrQscKH
防弾チョッキや卓球ラケットなど
に使用されている、東洋紡績が
開発した合成樹脂は◯◯◯◯?
◯を答えなさい
ザイロン(答)

CIMG2368qVmcmtwDVxbg
1ゲームが10分を越えても
終わらない時に「促進ルール」が
適用されるスポーツは?
テニス
バドミントン
卓球(答)
スカッシュ

CIMG9320hXOjAyZjwGhd
CIMG9321HqHsIReRyrLz

「国際水泳連盟」の
アルファベット4字での
略称はFINAですが
Fédération Internationale de Natation

「国際卓球連盟」の
アルファベット4字での
略称は?
MOINW
VSTAF
ITTF(答)
International Table Tennis Federation

「国際陸上競技連盟」の
アルファベット4字での
略称は?
IAAF(答)
International Association of Athletics Federations

CIMG1226
五輪で行われる卓球の
団体戦は男子・女子ともに
1チーム何人?
数字で答えなさい
3(答)

福原 愛(ふくはら あい。1988年11月1日 – )は、日本の卓球選手。宮城県仙台市生まれ、血液型はB型。[1]全日本空輸(ANA)に所属。日本オリンピック委員会・選手強化キャンペーン・シンボルアスリート制度適用選手。ITTF世界ランキング最高位は6位(2012年12月)。青森山田高校卒、早稲田大学スポーツ科学部中退。内閣府「災害被害を軽減する国民運動サポーター」。
>右利き前陣速攻。中国卓球の経験を積んでいる事から、中国スタイルの卓球であり、粒がやや高い表ソフトからのバックハンドに特徴がある。尊敬する選手は王楠。左利きに憧れている。体が柔らかく低い打球点から繰り出すバックハンドは世界でもトップクラスである。
>ペースの速い卓球で、ラケット裏面には粒のある表ソフトラバーを貼り、ナックルなどの変化球を出せる。小学生の頃は日本卓球協会の規定で違う種類のラバーを貼れなかった為、両面表ソフトラバーであった。2007年全日本後あたりにラバーをハイテンションラバーに変え、フォームも振りを大きくするなど今までに無い改革に取り組んでいる。2006年11月のワールドカップでティエにストレート負けしたのを見て父親は海外では速い球を打てないと通用しないと考え「一度愛の卓球スタイルをぶっ壊す」と言っていた(しかし、その後もスランプが続いたため、戻したという話もある)。
引用元: 福原愛 – Wikipedia.

シェークハンドは、卓球におけるラケットの握り方(“グリップ”と呼ぶ)、あるいはラケットの種別名。現在、多くの選手がシェークハンドであり、握り方の主流であるといえる。ヨーロッパの卓球選手はほぼ100%シェークハンドを使っている。日本や韓国、中国などのアジア諸国でも、近年使用率が多くなってきている。
>両面にラバーを貼って使用する。
シェークハンドはペンホルダー方式に比べバックハンドで上手く振れるとされる。また、様々なプレイスタイルが存在する点も特徴である。反面、ミドルを処理しにくいと言う弱点がある。
引用元: シェークハンド – Wikipedia.

ペンホルダーは、卓球においてラケットをペンを持つようにして握るグリップのことである。 ヨーロッパにはこのラケットを使用する選手はほとんどおらず、中国、韓国、日本をはじめとしたアジア特有のグリップといえる。
>スナップを利かせた台上での操作性に優れ、ミドルを比較的処理しやすいのが特徴である。
その反面、ラケット角度等を微調整しやすいが、感覚がずれるとミスにつながりやすいといった面がある。また、構造上ラケットの両面を使うのが難しく、表面のみのラバーでフォアハンド・バックハンドを打つのが基本である。そのため、シェークハンドに比べてバックハンドの攻撃力に欠けることがペンホルダーの一番の弱点である。しかし、中国がペンホルダーラケットの裏面に貼ったラバーを使う裏面打法を実戦レベルで使用できる技術として開発し、劉国梁が裏面打法を使用して実績を残したことにより、以後バックハンドの弱点を克服する方法として中国式ペンホルダーの選手に広く受け入れられている。
引用元: ペンホルダー – Wikipedia.